転職の悩みをスッキリ解決!今日から相談できる心強い味方

投稿日:2016.05.31更新日:2016.05.31

「このままでは将来の家計のやりくりが心配。転職も考えなきゃ…」、「社内での立ち位置が微妙。将来のキャリアはどうなるのだろう…」、「今の会社の業績が心配。他の会社も見てみよう…」、「転職することは決めた。でも何から始めればいいか分からない…」

多くの人にとってこのような悩みはデリケートなもので、周囲に相談せずに一人で抱え込んでしまうケースも多いようです。しかし、転職を検討している人、決めた人関わらず、無料で転職相談できる気軽な手段が数多く存在するのです。

1. 転職の初めに気軽に無料相談できる場所

転職を経験したことがない多くの方にとってはいざ転職しようとしても「何からすればいいのか分からない…」といった状況に陥りがちです。また転職するか決めていない人も「この悩みを誰に相談すればいいのか分からない…」といったことがあると思います。そんな時、あなたの心強い味方になってくれる存在はどんなものなのでしょうか。

1-1. 一番の味方、家族と友人達

転職する際、誰よりも味方になってくれる存在はもちろん家族です。あなたの転職で一番生活に影響を与えるのも家族です。自分だけでコッソリと転職活動をしようとするのではなく、協力して進めましょう。一緒に転職を乗り越えれば、より家族の絆が深まるでしょう。また、周囲の友人も心強い味方になってくれるはずです。気の置けない仲間だからこそできるあなたへのアドバイスはきっと役に立つはずです。

1-2. 国が全力であなたを支援、ハローワーク(公共職業安定所)

次の職を求めて多くの方が集まるハローワーク。国によって運営されており無料で相談員(ケースワーカー)が求人紹介や就職支援のアドバイスをしてくれます。この他にも雇用保険、助成金などの手続きもできる場所です。

メリット
・地元の求人が多い。
・失業手当ての給付手続きも並行して行えるので効率が良い。
・競争率の低い求人が多い。
  
デメリット
・ 中小企業の求人が多いので、待遇の悪い会社が多い。
・ 都市圏の求人は少ない。
 
ハローワークは大手求人サイトなどと比べると求人の量・質は劣るかもしれません。しかし気軽に簡単に相談することができるハローワークはきっとあなたの悩みを親身になって聞いてくれるはずです。

1-3. 転職成功のための王道!転職エージェント

転職エージェントとは多くの方がイメージする求人サイトのことではありません。厳選された転職支援のプロアドバイザーが個別で相談にのってくれます。内定獲得まで完全無料でサポートしてくれるため、あなたにとって納得のいく転職活動ができるはずです。転職をするかどうか悩んでいる方もまずは相談してみましょう。

メリット
・ 相談を通じてあなたの強みを見つけ、適切な求人を紹介してくれる。
・ 他では見つけることのできない「非公開求人」を紹介してくれる。
・ 企業との面接のアポイントや年収交渉なども全てアドバイザーが代行してくれる。
・ 内定獲得までの一連の流れを全てサポートしてくれる(履歴書の書き方、面接
  対策など)。
・ 業界・職種ごとや特定の地域に特化したエージェントも多くある。

デメリット
・ 専属アドバイザーなので、他の手段に比べて気軽さはない。
・一人のアドバイザーだけに頼ると相性が悪い場合上手くいかない。

非公開求人とは…?

非公開求人とは転職サイトなどでは一般に公開されていない求人のことです。多くの転職エージェントは大半以上が非公開求人で占められています。なぜ非公開にするかというと、求人の内容から経営戦略が他社に漏れてしまう可能性があるからです。また会社名を公開してしまうと、知名度だけで飛びつき、企業側が求めてない人材まで応募してきてしまうからです。

1-4. スマホ一つで転職活動ができるアプリ

アプリ一つで自分の経歴、希望内容などをチャットでやりとりし、あなたに合った求人を紹介してくれるものです。現在はジョブクルというアプリが代表格ですが、今後チャットを使った転職支援アプリは当たり前のものになっていくはずです。
他にもFacebookと連携をしているWantedlyも注目されています。
また、Switch. というアプリも注目を浴びています。これらのアプリは実名登録しているFacebookの情報を元に、求職者によりマッチングしやすい情報を提供するサービスです。気に入った求人があれば、そのまま企業の担当者とメッセージのやり取りをすることもできます。これらのサービスももちろん完全無料となっています。

メリット 
・いつでも、どこでもスマートフォン一つで転職相談ができる。
・転職をするか迷っている初期段階から気軽に利用できる。
・チャット越しでキャリアアドバイザーが、相談を通じて求人を紹介してくれる。

デメリット
・チャットアプリは対面の相談ではない為、自分の希望が正確に伝わりにくいことがある。
・SNS上で自分の経歴・実績を公開しなければスカウトが来ないこともある(LinkedIn)。

このように無料相談の場所を挙げてきましたが、「地方に住んでいるから転職エージェントは使えないんじゃ…」なんて人もいるかもしれません。しかし先程も少しだけ述べましたが、地域や業界・職種に特化しているエージェントも数多く存在します。このようにいつ、どんな時でも無料で相談できる場所がたくさんあります。これらを利用して転職活動を有利に進めましょう。

世界では当たり前?ビジネス版SNS「LinkedIn」とは

LinkedInは「世界中のプロフェッショナルの生産性を高め、より成功するようつないでいく」というスローガンを抱える世界最大のビジネス版SNSです。全世界のユーザーは現在4億人を超え、日本でも普及が進んでいます。LinkedInでは、ユーザーが過去の経歴、仕事における実績などを記入し、ビジネス上関わりのある人達とコンタクトを取っています。このLinkedInのプロフィールを見てヘッドハンティングされるなんてことも数多くあります。主にパナソニック、DeNA、楽天などの大手IT企業を中心にLinkedInを採用ツールにしています。そして、この流れは日本でもますます加速していくことでしょう。規模の大きい会社やIT業界に転職を希望する方にはオススメのものです。

2. 複数の相談場所を使いこなそう

転職相談では複数の方からアドバイスをもらうことが大切です。最終的に決断するのは本人自身ですが、そのためには多くの立場の方の声を聞くことが大事です。複数の手段を使って転職活動を有利に進めましょう。

2-1. 複数の人に相談してみよう

転職活動では決して一つの手段に頼ることなく、使えるものは使い倒しましょう。
事実多くの人が転職活動の際、複数の方に相談をしています。

【転職活動において相談した人数】

このように多くの人に相談することが成功の秘訣です。

2-2. 複数の相談相手って誰のこと?

複数の相談相手には2つの意味があります。

この図はエージェントを複数使う例を示しています。各エージェントにはそれぞれに得意とするジャンルや業種があります。また同じ求人でもエージェントによって情報量が異なることもあります。
上の図のように複数利用することで、より幅広い視点から自分を客観視でき、自分の条件とマッチングする確率が上がります。

この図は複数の手段を同時に利用する例を示しています。既に説明したようにエージェント、チャットアプリなどはそれぞれにメリットがあります。同時に利用することでそれぞれのメリットを活かすことができます。



「エージェントは3つ使ってるし転職はもう大丈夫…」、「アプリもエージェントも両方使ってるから万全でしょ…」なんて思ってる方もいるかもしれません。
でもこのように、転職成功により近づくためには正しいタイミングで正しい場所に相談する必要があるのです。

2-3. 正しいタイミングで相談しよう

手当たり次第に複数の手段で相談をすれば転職活動が上手くいくわけではありません。タイミングが重要です。


<転職を考え始めた段階>    
あなたの転職で1番生活に影響を与えるのは家族です。まずは家族に相談し、情報をシェアしましょう。チャットアプリや求人サイトは転職するか決めていない段階でとても便利です。両方とも気になる求人が見つかればそのまま転職アドバイザーに相談することができます。  

<具体的な求人を探す段階>
転職を既に決意している人は転職エージェントやハローワークを使うと良いでしょう。対面での相談のため手間はかかりますが、より希望の求人が見つかる可能性が高くなります。


このように段階に応じて相談相手を挙げてきましたが、それぞれ組み合わせながら自分の状況に応じて利用することが大切です。

転職求人サイトと転職エージェントの関係性

転職サイトと転職エージェントは既に述べたように根本的に異なるものです。転職サイトが求人情報の掲載が主なサービスに対し転職エージェントは個別の転職相談から内定まで完全サポートしてくれます。さらに全ての求人数のうち80%を転職エージェントが占めています。こうしてみると圧倒的に転職エージェントのほうが魅力的に見えます…しかし、いつでも気軽に利用できる転職サイトも便利ですので両方使いこなすことがオススメです。リクルートやインテリジェンスなどの大手人材会社は転職サイトと転職エージェント両方を運営しています。

3. 円滑に転職活動を進めるためには何を話せばいいの?

転職を決めた人も、検討している人もいざ転職の相談をする際、「結局何を話せばいいのだろう…」、「何か準備するものはあるのか」などの疑問や悩みを抱くかもしれません。そんな皆さんの悩みをここでは解決していきます。

3-1. 最初の転職相談には何を準備すればいいの?

 -転職できる状況かの把握  
転職にはタイミングが重要です。今の会社、家族、市場の状況を見極める必要があります。不景気であれば、それだけ希望の求人が見つからないこともありえます。今の会社のプロジェクトであなたが大切な役割を担っているのであれば、その後の転職でも遅くはないはずです。繰り返しになりますが、家族には最初に相談すべきであり、自分の考えを常に共有すべきです。

 -キャリアの棚卸し・将来のビジョンの整理
転職相談の前にこれまでのキャリアの棚卸しをしておきましょう。キャリアの棚卸しを行うことによって、「得意なこと」、「強み」、「弱み」、「仕事をする上での価値観」などがはっきりします。この作業を行うことによって自分にマッチングした、より良い会社が見つかるはずです。転職活動は「内定獲得」がゴールではありません。転職後に心から生きがいを感じて働けることが大切です。その為には、「どんな仕事がしたいのか」、「どんな瞬間に仕事のやりがいを感じてきたのか」を整理しておきましょう。相談をする際もスムーズに自分の希望を伝えることができます。

3-2. 最初の転職相談では何を話せばいいの?

では、いざ転職相談をする際にはどんなことを相談すれば良いのでしょうか?以下の表は、転職相談における具体的な相談内容の一例です。

このように具体的な転職を成功させるための相談内容から、転職するべきか否か、現職(前職)に対する不満まで幅広い相談内容になっています。このような相談内容をあらかじめ用意して 
おけばスムーズに相談が進みます。


3-3. 相談内容によって、相談相手も変えよう

相談相手によっては求める意見を深く聞き出せることができます。例えば転職エージェントはプロのアドバイザーですから、現在の転職市場の動きに関しては1番の情報量をもっているはずです。自宅近くの求人の情報の相談であれば、ハローワークが良い相談相手になってくれます。転職の経験談であれば、友人に聞くことでよりリアルな話を聞けることでしょう。このように相談内容によって相手を使い分けることは重要で、転職活動をスムーズに進めることができます。

しかし、ここでも複数の方に相談することを忘れてはいけません。例えば転職の経験談であれば、友人だけでなく気になっている業界で転職経験がある方に相談することも一つの手です。自分の持っているあらゆる人脈を駆使してみてください。自分にはそんな人脈がない、なんて嘆いている方。大丈夫です。先程紹介したLinkedInを利用すればメッセージが送れます。勇気を出して自らの手で機会を創りだしましょう。

4. まとめ

転職活動は決してあなた一人の力だけでは上手くいきません。周囲のサポートがあって始めて成り立つものです。そして、あなたを無料でサポートしてくれる存在が世の中には数多くあります。

【一人で抱え込まず家族をはじめ複数の手段を無料で利用する】

これを転職活動の始まりにおいて実践すれば円滑な転職活動になることでしょう。
転職はあなたの人生を今より充実したものにするための一つの手段にすぎません。今の職場に留まることが良いこともありえます。どちらにせよ、あなたの人生を思って真剣向き合ってくれる場所を積極的に利用すべきです。それだけであなたの転職活動は最高のスタートを切れることでしょう。

iPhoneの方はこちらからダウンロードAndroidの方はこちらからダウンロード

×