「スポーツ」業界で企業理念がかっこいい企業5選

投稿日:2016.10.11更新日:2016.10.11

企業理念とは、企業の存在意義や経営目的、経営方法などの企業の根本的な考えを形にしています。スポーツ業界というとかっこよさが目立ちますが、そんなスポーツ業界の企業理念にて、かっこいいと感じる企業を集めました。企業コンセプトやビジョンがわかりやすい言葉であったり、インパクトを与える内容だと、魅力的に感じますし、働いてみたいと強く思うのではないでしょうか。

1. 株式会社ナイキジャパン

スポーツブランドを代表する企業、ナイキの企業理念を紹介します。ナイキ自体はアメリカに本社があり、各国の法人があります。ナイキの企業理念は「選手と一緒に『第一級のスポーツ価値、芸術価値』を追求し、『スポーツ選手に対する尊敬』を第一とする」という内容です。ナイキはスポーツ選手のために企業を創立し、スポーツ選手に貢献する企業でなければ、その存在価値はないと言っています。

2. パタゴニア

知る人ぞ知る企業、パタゴニアを紹介します。パタゴニアは、アルピニズムを企業理念の中心として、クライミング、スキー、スノーボード、サーフィン、フライフィッシング、パドリング、そしてトレイルランニングを楽しむ人たちのためのウェアを製造する企業です。多岐にわたるスポーツですが、これらは、「自然と一体となる瞬間」を感じることのできるスポーツに特化しています。

3. アディダス ジャパン株式会社

今やこのロゴをテレビ、日常においてみないことはない、アディダスを紹介します。各国法人を置くアディダス グループでは、企業理念を「スポーツを通じて世界をより良い場所にする」としています。その理念に基づき、「災害時の人道的救援および募金活動」「スポーツを通した慈善活動」「明日の社会を担う子どもたちへの慈善活動」を全世界において社会貢献活動の領域示しています。スポーツを通して社会へ未来へ貢献する姿勢が表れています。

4. 株式会社デサント

トップアスリートから楽しむ人まで幅広くサポートするスポーツカンパニーであり、スポーツウエアの開発を中心としています。デサントの企業理念は、「すべての人々に、スポーツを遊ぶ楽しさを」です。スポーツ本来の「体を動かす楽しさ」、「競い合う楽しさ」を提供することで、生き生きとしたライフスタイルの創造に貢献するというものです。

5. 株式会社フェニックス

フェニックスは、日本で初めて海外でのスキーウェアの生産に踏み切ったり、先端的な機能素材をスポーツウェアに採用した企業です。企業理念は、「チャレンジする精神」です。 創業者のチャレンジスピリッツが現在も企業理念として根付き、 フェニックスが開発したスポーツウェアは、使えば使うほど開発者の意図や理念が伝わってくる、そんなスポーツウェアを作り続けると唱えています。

おわりに

CMなどでも企業ビジョンがキャッチに含まれているスポーツ業界です。企業理念は非常にかっこいいものが多く、かっこよさに惹かれる人も多いのではないでしょうか。スポーツという言葉を聞くとかっこよさを創造する人が多いですよね。企業理念もそれに合わせてかっこいい内容にまとめている印象でした。スポーツ好きな人には絶対にお勧めの業界ですね。

iPhoneの方はこちらからダウンロードAndroidの方はこちらからダウンロード

×