東急不動産 エントリーシート


東急不動産 エントリーシート

学生時代に特に力をいれたことの中で、あなたの強みが最も活かされたエピソードを、具体的ににご記入ください。(400文字以内)

サークルでの渉外活動である。4大学の英語会からなる連盟の役員として、英語劇大会の運営を行う。開催に必要な資金を集める渉外担当を務めた。協賛金の高額獲得による連盟員の出費抑制に貢献できると考え、過去最高額の協賛金獲得を目標とした。当初、引継ぎを受けた方法である、大会来場者へ配布のパンフレットへの広告掲載を押し出した。広告出展を打診する企業数を例年より増やすも、過去契約企業の契約打切りにより厳しい状況だった。広告依存の渉外活動を改革するため、過去成功例のなかった、企業主催のイベントへの学生の誘致という依頼に挑戦した。ここでの困難は、実際に人を集めることである。基本的な役員からの連絡方法を使ったが失敗した。そこで強みである「人からの信頼を得る力」を活かし、今まで関係の薄かった英語会関係者との関係を築き、協力を得た。これにより企業からのノルマを達成。大きな額を頂き、目標以上の協賛金獲得に成功した。

あなたの人生で最大の困難や挫折は何ですか?また、それをどのように乗り越えたのか、具体的なエピソードをご記入ください。(600文字以内)

サークルでの渉外活動において、目標達成が絶望的となった時である。過去最高額の協賛金獲得から15万円増加の60万円を目標に活動していた。「連盟員の出費抑制に貢献」という観点からである。当初は、引継ぎを受けた、大会来場者へ配布のパンフレットへの広告掲載を押し出した。広告出店を打診する企業数を例年の150社から200社へ増やすも、過去契約企業の契約打切りがあった。目標はおろか、過去の最高額にも届かない状況で大会開催まで残り1か月となり、パンフレットへの広告掲載が不可能となった。当初の方針での目標達成が絶望的となった瞬間である。「貢献する」という理念が揺らぎ、当初の熱意が打ち砕かれた喪失感によって、最大の挫折を感じた。これを「長期的な視点をもつ」こと、そして「挑戦する心」によって乗り越えた。広告掲載は間に合わなくとも、任期はまだ3か月あり、できることはあると視点を切り替えた。振り返ると、広い視点が足りていなかったことに気が付いた。個人的な目標達成は独善的であり、「私だから」できることは、新しい取組に挑戦し、「長期的な」渉外活動の前例として引き継ぐことだと考えた。挑戦に成功すれば目標達成、失敗しても後輩の利益になると考え、過去成功例のないイベント集客という依頼に着手。私の強みを活かし英語会関係者と協力することで成功させた。結果大きな額を頂き、目標額以上の70万円を獲得し挫折を乗り越えた。

あなたが当社でチャレンジしたい事、実現したい夢など当社を志望する理由を自由にご記入ください。(600文字以内)

私は「社会に貢献する仕事」を「挑戦する」環境のある会社で「私だから」できる不動産企画に携わりたいと考えている。渉外活動において、目標達成へと尽力している折、体力的・精神的に辛いときがあった。その際に原動力となったのは「皆のためになる」という想いであった。またその活動に達成感・やりがいを感じた瞬間を振り返ると、新しいことに「挑戦」し乗り越えた経験があったからだと考えた。それは「私だから」長期的な利益を考え達成できたということに自信を持てている。そこで、「当たり前のことをあたり目に行う」使命感、「多くの人へ影響する」責任感、「チーム一丸」で乗り越えた時の達成感を生かすことができ、大勢の人へ新たな生活スタイルを提供するという「貢献ができる」不動産業界に興味を抱いた。その中でも、戦後早くから海外に進出し、「次代への挑戦」を掲げる貴社に「挑戦する」環境があると感じ志望している。日本では高齢化問題が叫ばれ、また環境への意識が高い。それらは世界的に先駆けたニーズであり、20年後にはアジアでも始まっているのではないかと予測している。そういった「長期的な」社会的課題にも対応すべく事業を展開している貴社の一員として、「私だから」「長期的な視点」を持ち、日本に留まらず世界的な問題となりうる高齢化・環境問題を解決できるソリューションを、不動産の面から提供したいと考えている。


この企業の分析

関連するコラム