三井不動産 エントリーシート


Contents

三井不動産 エントリーシート

あなたが三井不動産を志望する理由についてお書きください。(400文字以内)

私の強みである「困難に挑戦する力」や「求心力」を活かし成長できるフィールドがあると考えたからである。私は4大学の英語会が集まる連盟において開催する劇大会の開催資金を集める渉外担当を務めた。過去最高額の協賛金獲得を目標とし活動する中で、過去に成功例のない取組に「挑戦」し、それを関係の薄かった者を巻き込む「求心力」で目標以上の協賛金を獲得することに成功した。貴社は、一つの建物のみならず街を作るため、「地図を塗り替える」新たな価値創造へ「挑戦」し続け、地権者や建設業者など価値観の異なる多方面のメンバーと力を合わせる「求心力」が求められると考えた。つまり私の強みが活きるフィールドがあると感じている。さらに貴社のセミナーや社員訪問で感じた雰囲気が、他社よりもはるかに常に挑戦する気概をもっていると感じたことから、私が最も成長できるフィールドがあると考え強く志望している。


【1】大学入学までの経験
【2】【3】大学・大学院の学生生活での経験(2つ)



【1】-a 大学入学までの経験にテーマをつけてください。(50文字以内)

大学受験に失敗したのちの1年間浪人生活で得た根性

【1】-b 大学入学までの経験の時期(または期間)を具体的にお書きください。

2011年3月~2012年2月

【1】-c 大学入学までの経験について取り組んだ理由・背景を入力ください。 (150文字以内)

軟式野球部を夏に引退した後、志望校へ向け一心不乱に勉強した。しかし結果は満足のいくものではなく、1年間の浪人生活を覚悟した。努力不足を叩き付けられ、さらに初めて社会の枠組みから外れたことから激しい自失感を覚えた。しかし自らのプライドに賭け、「必ず成功させる」という意気込みを持ち予備校へ通い始めた。

【1】-d 大学入学までの経験の詳細と、その経験が今のあなたにどうつながっているのかをお書きください。(350文字以内)

浪人生活は、否が応でも自分の弱さを直視しなければならなかった。振り返ると自分の弱さは新しいことに目が行き過ぎるあまり復習が疎かになっていたこと、そしてわからない問題を放置していたことだった。そこで浪人中は授業の復習を徹底して行い、同じテキストを何度も解き直し、わからない問題は放っておかずプロの講師に積極的に質問しに行くことで疑問を解消した。結果がついてこない時でも「必ず志望校へ行く」という強い思いを忘れず、共に浪人を乗り切る仲間・友人・家族の支えにより、1年間1日も欠かすことなく努力し続けた。結果、〇〇大学の合格を頂き、目標が達成できた。失敗の原因を見直し、確実に克服すること。さらに目標を忘れず、努力し続ける根性を学んだ。この経験を、サークルでの渉外活動に活かし、過去最高の成績を獲得した。

【2】-a 大学・大学院の学生生活での経験①にテーマをつけてください。(50文字以内)

サークルの渉外活動で、過去最高額の協賛金を獲得

【2】-b 大学・大学院の学生生活での経験①の時期(または期間)を具体的にお書きください。

2013年1月~2013年12月

【2】-c 大学・大学院の学生生活での経験①について取り組んだ理由・背景を入力ください。 (150文字以内)

私は英語会に所属していた。1・2年生でスピーチ・ディベート・英語演劇を経験し、3年で専門の部門に所属する。私は英語演劇の部門に進み、その中で4大学の英語会が所属する連盟の役員に立候補した。私が経験していないことができると考え、連盟で開催する英語劇大会の開催資金を集める渉外担当を務めた。

【2】‐d 大学・大学院の学生生活での経験①の詳細と、その経験が今のあなたの考え方や行動にどうつながっているのかをお書きください。(350文字以内)

過去最高額の協賛金獲得を目標に、代々引き継がれた方法である、大会来場者へ配布のパンフレットへの広告掲載を押し進めるも、過去契約企業の契約打ち切りにより目標達成が厳しい状況だった。そこで過去成功例のない、企業主催のイベントへの連盟員の誘致という依頼に挑戦した。役員からの基本的な連絡方法である幹事長を通じ連絡したが、人は集まらなかった。そこで今まで関係の薄かった、英語会に存在している渉外担当と連絡をとり、同じ渉外担当としての悩みを話す中で関係を築いた。それにより、彼らが直接人を呼び込んでくれる協力を取り付けられ、「チームワーク」で企業からのノルマを達成できた。大きな額を頂き、目標以上の協賛金を獲得した。困難も、チームならば乗り越えていけることを実感し、仕事で活かしたいと強く感じた瞬間であった。

【3】-a 大学・大学院の学生生活での経験②にテーマをつけてください。(50文字以内)

英字新聞データチェックアルバイトで、新しい仕組みを作ることで人から感謝される。

【3】-b 大学・大学院の学生生活での経験②の時期(または期間)を具体的にお書きください。

2014年2月~現在

【3】-c 大学・大学院の学生生活での経験②について取り組んだ理由・背景を入力ください。 (150文字以内)

私はサークル活動に精力を注いだ結果、留年が決定した。私の好きなことをやった結果としてのけじめをつけるべく、学費を自分で稼ぐことを決意した。先輩のつてを当たる中で、私が経験したことのない分野でやりがいのあるアルバイトだと考えた英字新聞のデータチェックアルバイトを紹介していただき、現在まで続けている。

【3】‐d 大学・大学院の学生生活での経験②の詳細と、その経験が今のあなたの考え方や行動にどうつながっているのかをお書きください。(350文字以内)

私は大学4年次より、英字新聞のデータチェックアルバイトを行っている。英国から送られる新聞紙面のミスを英国との交信により確認し、終了後、社員により印刷が行われる。当初、ミスの特殊性からマニュアルがなく、また月に3回という経験不足から、ミスの正誤判断を交信に頼るために時間を要していた。この解決ため、「日記制度」を考案した。その日の業務内容・トラブルについて明記させ、他のアルバイトへトラブル対処方法を還元し経験不足を解消させた。アルバイトのチェック能力が向上し、確認作業を早く終了させ印刷までの時間を短縮させることができ、社員の方から感謝された。私の新しい案により人から感謝されることに結び付いた経験から、今までないものを社会に提供することで、より多くの人から感謝される仕事がしたいと考えた。

あなた自身が働くことを想像した際に、「これだけは譲れない」と考えることについて
自由にお書きください。(300文字以内)

「仕事をする以上プロを目指す」ことである。そのために、次の3つは譲ることが出来ない。まず、「目標の達成にこだわる」ことである。高い目標を達成するまでの過程では、過去の経験に拘ることなく新しい発想を大事に工夫し、必ず目標達成することを大切にする。次に、「達成するプロセスにこだわる」ことである。単に達成するだけでなく、事前に様々なアプローチ方法を検討することはもちろん、常時プロセスを検討しながら合理的な選択をすることを大切にする。最後に「成果の価値にこだわる」ことである。目標を達成したことによる市場価値がなければプロではないと考える。以上のこだわりを持ち、代替のきかない人材、すなわちプロを目指す。


この企業の分析

関連するコラム