野村総合研究所 企業分析


野村総研

企業概要

野村総合研究所は、リサーチ、コンサルティング、ITソリューション、システム運用等を企業にトータルで提供する日本最大手のシンクタンク、システムインテグレータです。顧客の問題を先取りして解決策を導き、具体的な解決策を実施・運用していく、一貫したトータルソリューションを提供できる総合的な体制が特徴です。

NRIグループは、
•「使命」
•「事業ドメイン」
•「経営の目標」
•「行動指針」
の4つを柱とした企業理念を掲げています。

•使命(社会やお客様などに対して果たすべき役割)

社会に対して:新しい社会のパラダイムを洞察し、その実現を担う

お客様に対して:お客様の信頼を得て、お客様とともに栄える
•事業ドメイン(使命を遂行するための手段)

自己規定:未来社会創発企業
サービス規定:Knowledge Creation and Integration

•経営目標(独自の経営スタイル)

ナビゲーション&ソリューションにより、企業価値の最大化を目指す

•行動指針(社員が仕事を進めるうえで指針とすべき規範)

真のプロフェッショナルとしての誇りを胸に、あくなき挑戦を続ける

ここには、顧客企業に寄り添い、その課題に対して総合的なソリューションを提供することで、企業と社会の発展に貢献し、豊かな未来を創り出していくという野村総研の姿勢が強く表れています。

事業内容

コンサルティング

野村総合研究所はマネジメントコンサルティングとシステムコンサルティング
の二つのコンサルティングサービスを提供しています。マネジメント・コンサルティングでは、企業の戦略策定や業務改革を、また政府や官公庁の政策立案や行政改革における事業戦略の実現の手助けをしています。また、システムコンサルティングでは、企業や官公庁に対して、IT戦略の作成や、ITを活用した業務改革など、ITを通じた多様なサービスを提供しています。

金融ITソリューション

NRIが最も精通する分野の一つが金融です。創業以来、業界の変化を先取りしながら、金融ビジネスにかかわる多くのお客様にソリューションを提供してきました。NRIが構築した仕組みの多くは、金融業界のインフラとして機能しています。

野村総研は金融ITソリューションとして、証券ITソリューション、資産運用ITソリューション、銀行ITソリューション、保険ITソリューションの4つのソリューションを提供しています。

産業ITソリューション

野村総研は、様々な産業の顧客に対してもソリューションを提供しています。そのソリューションは3つで、流通業に関わる顧客の課題解決と業務の効率化を実現する「流通ITソリューション」、製造業やサービス業などの顧客のビジネスをITを活用してサポートする「産業ITソリューション」、製薬会社や医療機器製造会社に対し、事業戦略や規制対応、営業活動や業務の効率化などをサポートする「ヘルスケアITソリューション」です。

IT基盤サービス

野村総研は、事業活動の拡大やIT活用の深まりとともに企業のシステムが巨大になる中で重要となる、「システム基盤」を提供しています。先端的な技術を見通し、戦略的に様々なソリューションを組み合わせて顧客に価値を提供しています。

強み

総合力

NRIの強みは「トータルソリューション」を提供できる総合力にあると自負しています。
トータルソリューションとは、お客様の問題を先取りして解決策を導いていく「ナビゲーション」から、具体的な解決策を実施・運用していく「ソリューション」まで、いわばフルラインの一貫したサービスです。この総合力によって、お客様の企業価値を高めていけると私たちは考えています。

業界トップクラスの収益力

NRIは業界でも高い収益力を継続的に維持しています。
大手コンピュータメーカー各社と比較して売上規模は劣りますが、売上高営業利益率は他社を圧倒しており、2015年3月期は12.7%でした。

競合他社には営業利益率で10%を超えるところはありませんが、野村総研の2015年3月期の営業利益率は12.7%です。この収益力は大きな強みです。

社風

野村証券と共通する独特の「つめる」文化。現場では、人格を問われぬキレやすい上司と、反撃できるほど気の強い部下が、連日のつばぜり合いを繰り広げる。体育会系カルチャーは強く、部下の工数は雪だるま式に増えるが、裁量労働制の下で歯止めなく、部署異動も叶わぬままに、潰れる人も。その対価は高収入と雇用安定というズブズブの“戦後ニッポン型企業”の姿が見えてくる。
出典:http://www.mynewsjapan.com/reports/197

まとめ

野村総研は、SIer業界を目指す人ならまず知らない人はいないという超人気企業です。入社を希望する人は、しっかりと企業分析を行い、万全の状態で選考に臨みましょう!

参考

https://www.nri.com/jp/


関連するコラム