大和総研 エントリーシート


大和総研 エントリーシート

学業以外で力を注いだこと(250字)

私は自身のアルバイト先であるカフェの売り上げを都内で一番にする事に注力してきました。働き始めた当初から率先して動けるように心がけ、現在ではサブチーフとして様々な仕事を任されていますが、未だに都内での売り上げは2位であり、1位になるという目標は達成できていません。そこで今後は都心部に近く位置しているという利点を生かす事、SNSなどのツールを積極的に活用していく事、同じビル内の他テナントと協力する事などを通じて、店舗の成長に貢献していきたいと考えています。

趣味や得意なスポーツ(150字)

私は幼稚園から高校までサッカーチームに所属し、大学でも友達と定期的にサッカーをしてきました。また海外のサッカーリーグを観戦する事が大好きで、特に欧州のプレミアリーグに関していえば、他の人には負けないほどの知識を持っています。

自己PRおよびエントリー理由(400字)

私の一番の特徴は「負けず嫌い」です。どの様な逆境にあっても目標を達成するために努力をすることで乗り越えてきました。大学の受験では、自分が納得できる様な結果が出るまでは続けよう、と考えて浪人を選択しました。そして失敗を繰り返さないために、日々の隙間時間を徹底的に利用する事を考えました。その結果、浪人前に目標として定めていた大学に無事合格する事ができました。そしてこれからの時代にIT、会計の知識は不可欠であると考えたため本セミナーに応募させていただきました。金融とITが融合しているシステムインテグレーターとコンサルティングという仕事に興味があった事に大きな理由があります。

ITソリューションを提供する上で重要だと思う資質とその理由(300字)

ITソリューションには大きく二つの資質が必要であると考えています。それは質問力と提案力です。その理由としては顧客に対してITソリューションを提示するには顧客に対して様々な質問をする中で、彼らが求めている物もしくは課題を明らかにし、その課題を解決する最高の提案をする能力が必要であると考えているからです。また、質問をする際に気をつけるべきだと思うのは直接的に課題の根本を聞くのではなく、多数の質問から正確な解決策を導きだす、という事です。なぜなら質問の答えに対して分析を加える事こそプロの役目であると感じているからです。その分析からITソリューションへとつなげていくことが大事であると考えます。

ITの今後の展開とその中であなたが挑戦したいことについて(400字)

ITビジネスは発展性があるといわれてきており、実際にも21世紀に入ってからIT業界は大幅に成長してきました。一方で、価格競争が激化してITビジネスも安ければ安い方がよいという流れができ、もはや発展性がないという意見も出てきています。しかし私はまだITには無限の可能性があると考えています。1990年に電子商取引が普及し始めて以来、25年の年月が経ったにもかかわらず世界の約1%にしかIT化が実現されていないというデータもあり、まだまだ発展の可能性があると考えています。そこで今以上にネットワーク化を推進していき、ITを用いた新たな常識を打ち出していく事が私たちの使命であり、またその常識を打ち出す中で社会貢献もしくは企業に貢献していくことが私の使命であると考えています。


関連するコラム