ソフトバンク エントリーシート


ソフトバンク エントリーシート

Q1)ソフトバンクバリューの5つの項目の中で、あなたの強みと合致する項目を教えてください(複数選択可)。また、その強みを発揮して成し遂げたエピソードを教えてください。(200字以上) ※ソフトバンクバリュー:No.1、挑戦、逆算、スピード、執念

【執念】

私は、自分がやると決めたことは執念を持ってやり遂げることができます。大学4年時の卒業論文製作に執念を持って取り組みました。論文製作前に決めていたのが、「少しでも世の中に価値のある研究をすること」でした。私は、「生体軟骨に関する基礎データの収集」という非常にざっくりとしたテーマを与えられました。そこで、どの基礎データを収集したら世の中に意義のあることが出来るのかを、ひたすら考えました。私は2つのことを心がけました。一つは、誰よりも論文を読み、インプット量を増やすことです。慣れない分野で、読むのに4時間程度かかる英語論文を1日1本必ず読み、知識量を増やしました。2つ目は議論の機会を多くもつことです。自分1人で考えていると考えが煮詰まってしまうと考えたので、その分野の先輩や教授を積極的に捕まえて、何度も考えをぶつけることで、詳細な研究テーマを詰めていきました。そのように論文を作製し、学内の発表賞を取ることができました。

Q2)情報革命で人々を幸せにするために、ソフトバンクに必要なことは何だと思いますか?その達成のために、あなたならソフトバンクでどんな挑戦をしたいか教えてください。(200字以上)

情報革命で人々を幸せにするためにソフトバンクに必要なことは、「ITを用いて様々な格差を是正していくこと」であると考えます。私は特に、先進国と途上国での情報格差を解消することに取り組みたいです。私は途上国開発に興味があり、ガーナにボランティアに行った時、途上国と先進国のあらゆる分野における格差に愕然としました。インフラや食事など、様々な部分に不便を感じました、しかし、それと同時に現地の人の多くが携帯電話を持っているのを目の当たりにし、「情報」に関しては、途上国でも先進国並みのものを得られる可能性を感じました。最先端の情報や、教育をタブレットやスマートフォン一つで受けることが出来る世の中になりつつあります。こうして、途上国の人びとが高度な教育を受けることで世界を舞台に働ける世の中にし、国の発展に貢献していきたいです。


関連するコラム