富士通 エントリーシート


富士通 エントリーシート

あなたが学生時代に力を入れたことを教えてください。1つ以上、最大3つまでご回答ください。

力を入れたこと(1) カナダNPO団体における「古着の無償提供活動」

力を入れたこと(2)地元○○の○○の「○○活動の手伝い」

力を入れたこと(3)アパレル販売のアルバイト

設問1  「あなたが学生時代に力を入れたこと」において、「セルフチェックで高く評価した社会人基礎力項目」が発揮されたエピソードを教えてください。 その背景と、あなた自身が取った行動、その結果をできるだけ具体的に記述してください。(400文字以上600文字以内)

「カナダNPO団体での古着提供活動」【理由】:○○の手伝いで培った主体性を発揮して、異国の地で挑戦しようと考えたから。その中でもアパレル販売の経験を生かして、自分なりの貢献ができると感じたから。 【活動内容】:地域の人の寄付でオフィスに集まった古着を、低所得者の方々(主に女性主婦)に提供するプログラムである。しかし中には、寄付の古着に対して不満を言う低所得者の方もいて、私は衝撃を受けた。また活動に関して、組織はより多くの人々に古着を提供したいと考えていた。 【目標】(全体)提供人数の増加(個人)満足度の向上 【解決策】以下2つをまとめた企画書を会議に提出することで実行に移した。 (1)提供までの流れの変更:従来までは限られた時間の中で1度に1組ずつ案内していたが、無駄を省くことでより気軽に足を運んでもらえる仕組みづくりを行った。 (2)アパレルショップのような雰囲気づくり:アパレル販売のアルバイトの中で、服の魅力はデザインのみならず雰囲気にも左右されることを実感してきた。「不満」をファッションへの「関心」の裏返しだと考え、清潔な雰囲気づくりによる服の魅力向上を狙った。 【結果・学び】:古着を提供できる人数が3倍に増加し、文句の代わりに感謝の言葉が増えた。経験を通じて「当事者意識(主体性)」と「柔軟な視点(創造力)」の2つが困難を打開する原動力となることを学んだ。

設問2 富士通はICTの力でもっと快適・便利で、安心・安全な世の中を創ることを目指しています。あなたは学生生活で学んだこと(研究やゼミを含む)を踏まえて、どのような世の中を創っていきたいと思いますか?(400文字以上600文字以内)

【創りたい世の中:本当に安心して暮らせる社会】 カナダ・バンクーバーで行った古着提供ボランティアでは、より多くの人々に衣服を配ろうと全力を注いだ。しかし活動の中で、そのような活動だけでは社会課題の対症療法にしかなっていないということを痛感した。本質的な解決には、その背後に存在する低所得者を生み出してしまう問題(経済格差・移民・薬物など)から変えていかなければいけないと感じた。私は「世界一住みやすい街」としても知られるバンクーバーすらも大きな闇を抱えていることに衝撃を受けた。これを機に、私は仕事を通じて社会課題の本質的な解決を行いたいと考えるようになった。 現代の日本にも、私自身ボランティアとして携わった震災復興をはじめ、地方創生などの問題が存在している。そこに現在のICTの技術力を駆使してシステム構築など、仕組みから作り変えることで課題を打開することができると考える。そして人々の行動をサポートするICTは、分野の枠を超えて課題解決ができるツールになると感じる。貴社において、それぞれの地域にあったソリューションを提供することで、見せかけではない本当に安心して暮らせる社会の実現を目指す。 その際には、学生時代に培った私の強みである「主体性」と「柔軟な視点」を生かして人々が抱える課題を的確に引き出し、それに最も見合ったソリューションを提示することで人々の期待に応えていきたい。


関連するコラム