日本生命 エントリーシート


日本生命CS総合職 エントリーシート

学生時代最も力を入れたこと

私は英語会に所属し、四大学英語劇大会に小道具セクションのチーフとして出場しました。役職内容は、一年生と、主な運営を行う三年生との意思疎通を計り、セクションをまとめることでした。具体的には、半年間毎日活動に参加し、セクション員が活動に参加しやすい環境整備に尽力しました。特に苦労したのが、個々のモチベーションの維持です。とにかく人数の多いセクションだったので、一人一人の責任感が薄れてしまい、活動に参加しなくなるメンバーが20名ほど居ました。これはその年に限ったことでは無いと先輩に慰められましたが、私には、セクション員全員で舞台を完成させ、大会の最後に笑顔で感動を分かち合いたいという目標がありました。そこで、活動に来なくなってしまった全員を一人一人説得して回りました。また、レクリエーションを開き、参加しやすい環境づくりに注力しました。結果、セクション員全員で大会に挑み、最優秀演技賞を獲得することが出来ました。さらに嬉しかったのが、一時期活動に来なかった後輩が、翌年度に私の役職を継いでくれたことです。この役職は、最後まで諦めない粘り強さがある自分にしか務まらなかったと自負しています。

志望動機

学生生活を振り返り、困っている人を支える事に向いていると考え、生命保険に興味を持ちました。「悲しみと共に貧しさが訪れないように」という本質に共感したからです。貴社を志望する理由は、業界のリーディングカンパニーであり日本有数の不動産保有企業である点に惹かれたからです。優良かつ多くの投資用不動産を保有されているということは、安定した資産運用をすることが出来ます。競合他社が数多くある中で、貴社がトップで居続けることが出来ているのは、そのように信頼できる資産運用がなされているからだと考えます。自分がどのような職種に携わったとしても、お客様の信頼を得ることが出来る企業に勤めたいと思い、貴社を志望します。

上記設問の中で伝えきれなかったことで、あなたが日本生命にアピールしておきたいことについてご入力ください

地方公務員試験のために約1年間勉強していました。元々経済学部に進学したかったということもあり、自由に勉強できる時間がある学生のうちに、自然科学系の学問領域も学びたいという思いから、勉強を始めました。中でも経済学、憲法、民法は興味深く、身のある学習になりました。公務員試験はその一つの指標として、目標に設定しました。試験の結果はまだ出ていませんが、合格の手応えはあり、満足しています。貴社では、様々な分野で資格や、研修を多く求められると聞きました。私がもし内定を頂けたら、この経験を活かしてストイックに勉強し、優秀な人材になれるよう努力し続けます。


関連するコラム