日本生命 企業分析


日本生命企業分析

企業概要

日本生命保険相互会社(にほんせいめいほけん、英称:Nippon Life Insurance Company)は、日本の生命保険会社。約1000万人の契約者数、約56兆円規模の総資産など、世界各国の生命保険会社の中でトップクラスの水準を誇る、生命保険業界のリーディングカンパニーです。株式会社ではなく相互会社であり、保険契約者(無配当保険のご契約者を除く)を社員とする社団法人です。

経営基本理念は以下の通りです。

共存共栄、相互扶助の精神に基づく生命保険事業は、国民の福祉と密接に関連し、また、事業の繁栄は、国民の深い 理解と信頼の上にはじめて可能であることにかんがみ、われわれは、信念・誠実・努力の信条のもとに、国民生活の安定と向上に寄与することを固く決意し、ここに経営の基本理念を定める。

(1)国民各層が真に求める保険を提供し、充実したサービスを行ない、契約者に対する経済的保障責任を誠実に果たすことを第一義とする。

(2)生命保険事業の公共性を自覚し、適正な資産の運用を行なうとともに、広く社会の福利増進に尽力する。

(3)英智に基づく創造性と確信にみちた実行力とをもって、経営の生産性を高め、業績のあらゆる面における発展を期する。

(4)会社の繁栄とともに、全従業員の生活の向上をはかり、また、すぐれた社会人としての資質の育成に努める。

(5)生命保険業界の一員として、自主性のある協調の立場に立ち、保険思想の普及と、業界全般の進歩発展に貢献する。

上記の理念からも分かるように、日本生命では既存の状況に満足することなく挑戦できる人材や、メンバーと信頼関係を築き、チームで成果を残すことができる人材を求めているようですね。

事業内容

生命保険業

・生命保険業免許に基づく保険の引受け

・資産の運用

貸付業務/有価証券投資業務/不動産投資業務

付随業務・その他の業務

・他の保険会社その他金融業を行う者の業務の代理または事務の代行

・債務の保証

・証券投資信託受益証券の販売

・確定拠出年金制度における運営管理業務

日本生命の強み

多様な業務範囲

生命保険の販売だけでなく、損害保険を販売している他、法人向け・個人向けの融資、マーケットでの運用、不動産、介護など幅広い業務が魅力である。

業界一の営業職員数。営業網の強さ

約5万人の営業職員や全国約8,619の代理店ネットワーク、85ヶ所のライフプラザを保有しています。

まとめ

人口減少と少子高齢社会の現代において、生保の需要は厳しくなっていくことは当然ですが、だからこそ生保にしかできないことがあるのかと思います。

▼参考・引用文献

○http://www.nissay.co.jp/

○https://iroots.jp/rooter/9152


関連するコラム