ヤクルト 企業分析


ヤクルト企業分析

今回は株式会社ヤクルトに焦点を当てたいと思います。誰もが一度は”ヤクルト”を飲んだ事があるのではないでしょうか。そんな親しみ深い商品を提供している企業に迫ります。

企業概要

株式会社ヤクルトは、乳酸菌飲料最大手であり、化粧品、医薬品も手がけるメーカーです。

企業理念

『世界の人々の健康を守りたい。』

生命科学の追究を基盤として、世界の人々の健康で楽しい生活づくりに貢献します。

事業内容

食品事業

近年、人の腸でよい働きをする乳酸菌やビフィズス菌のパワーを健康維持・増進に役立てようとする「プロバイオティクス」という考えが世界中に広まっています。 これは、ヤクルトの創始者である代田 稔が唱えた「予防医学」「健腸長寿」そのものと言えます。「ヤクルト」をはじめとする乳製品乳酸菌飲料、はっ酵乳はすべて「予防医学」「健腸長寿」の考え方に基づいています。長年の研究から数々の乳製品が生まれ、多くの方々に愛飲されています。 また、現代病や生活習慣病予防の見地から、様々な健康効果が期待できる機能性に優れた飲料も開発・発売しています。

化粧品事業

ヤクルトの化粧品は、「乳酸菌のチカラを、素肌のチカラに。」のスローガンに基づいて開発しています。
体に良い乳酸菌は肌にも良い。この発想をもとに研究を重ね、1955年スキンケアのための乳酸菌培養液「乳酸菌はっ酵エキス(保湿成分)」を開発しました。その後も、乳酸菌由来の「高分子ヒアルロン酸(保湿成分)」などのオリジナル成分の開発や肌の研究を重ねています。

医薬品事業

ヤクルト医薬品事業は、1961年、食品や医薬品の原料となる酵素を用いた製品の開発からスタートしました。1967年医療用医薬品の販売を開始。現在では一般用医薬品(医薬部外品)、医療機器、試薬などにも事業の分野を広げています。また、主力の抗がん剤に関しては、化学療法抗がん剤「カンプト点滴静注」を開発しました。現在は、「エルプラット」を加えた2つの抗がん剤を中心に、世界に評価されるオンコロジーカンパニーとして医療・医薬への取り組みを進めています。

国際事業

「世界中の人々の健康を守る」という、創始者である代田 稔の願いから、ヤクルトは海外へとフィールドを広げました。 生活文化や食習慣は違っても、「健康は人類共通の願い」であると信じ、乳酸菌への理解を深めていただく取り組みを進めています。1964年、台湾での営業開始を皮切りに、アジア、オセアニア、米州、欧州へと、世界にネットワークを広げました。ヤクルトの乳製品は、現在、世界33の国と地域で、毎日、3,000万本が販売されています。

ヤクルトの強み

強みは「乳酸菌 シロタ株」と呼ばれる学術名 ラクトバチルス カゼイ シロタ株という乳酸菌を独自に持っている事でしょう。

『世界の人々の健康を守りたい。』という理念に基づいた予防医学をさらに追求していく向上心を押し出すと良いかもしれませんね。

まとめ

ヤクルトは乳酸菌を生かした商品が多い事がわかりますね。数多く存在する飲料メーカーとの違いやヤクルトでしかできない事を述べることができれば非常に効果的だと思います。

出典:企業公式HP


関連するコラム