ヤクルト エントリーシート


ヤクルト エントリーシート

あなたの学校での「研究テーマ」または「ゼミ・卒論」の内容についてお答えください。

私は国際関係と法について学んでいます。法律という観点から国際関係をより詳しく見ていくことに魅力を感じ、中でも今の他国の法律を形成する根幹となった思想や経緯を主に学んでいます。教科書には思想を引っ張っていた人のことしか取り上げられないので、様々な文献を読み当時の農民などの思想を詳しく調べています。

ヤクルトへの志望動機を具体的に教えてください。( 300文字以下)

私は人が生きていくうえで必ず関わる、食品を扱う会社で働きたいと思い、中でも食品と健康を結び付けている御社に惹かれました。人が毎日摂取するもの人にとって必要不可欠なものであるからこそ、より安心ができて高品質な最高の商品・対応が求められる世界だと思っています。さらに、一貫した理念を持ちながら常に視野を広く持ち続けるし姿勢にとても感銘を受けました。妥協なく自分を成長させ、その力を全力で出し切ることができるのは健康という視点を通し多方面から人が生きることを支え続けている御社だと思い、志望させていただきました。

総合職事務系・海外系を希望する理由と、将来どう活躍したいか教えてください。(300文字以下)

御社が取り入れているジョブローテーション制度を通して、いくつもの新しい環境に触れて自分を成長させたいと思ったからです。中でも、食品を通して人を笑顔にすることに全力を注いでいる人をサポートする力になりたいと思いました。食品は人が生きていくうえで必要不可欠なものであるからこそ、そこに信頼はなくてはならないものです。今まで御社が積み重ねてきた信頼という武器をまとってお客様に接するからこそ、信頼は会社とお客様を結ぶ一番大事なものであると共に、そこをつなぐにはまず社内の信頼関係がきちんとしていなければならないと思うので、内側から会社を支えたいと思い総合職事務系・海外系を選択させていただきました。

3-① 学生時代に頑張ったこと、チャレンジしたことを教えてください。(300文字以下)

小学校の修学旅行サポーターに3年間ついてきました。短い期間で生徒に残せることを考え、行事をサポートするだけでなく子供の楽しい思い出もサポートしようと考えました。そこで私は必ず初日のうちに担当している生徒の名前を全員覚えるようにしました。そして違う環境でも前回の経験を必ず活かす場面は来ると思い修学旅行が終わるたび必ず振り返りノートを書きました。この結果、同じ学校からの更新指名や多校へ推薦されるようになり、生徒たちからも運動会などによんでもらえるようになりました。この経験を通して私は、新たな環境に臆することなく飛び込む精神と1つのことも振り返りをして次に進む習慣を得ることができました。

3-② その中で課題として残ったこと、今後取り組みたいことを教えてください。 (200文字以下)

言われる前にやる、なるべく自分でやる、をモットーにしすぎて、つい独りよがりになってしまいがちなところがありました。今までは周りの人に恵まれていたので目立った問題は起きていませんが、適材適所を心がけ、自分からうまく周りの人にパスをする力をもっと身につけていくことが課題だと思っています。今後はまずはまだ残っている修学旅行のときにそれを意識しながら行動し、違う場でも生かしていきたいと思っています。

4 好きなこと・ものについて相手が関心をもつようにアピールしてください。 (250文字以下)

私は自分で行った外食店をオリジナルでノートにまとめ、食レポを作っています。どこの方が美味しい、ということはなく、それぞれがそれぞれのよさを持っていると思い、まとめはじめました。今では行ったお店は1000件以上、ノートは20冊以上に渡り、関東のみならず九州バージョンや、パンケーキ特集など様々な分野にまとめてあります。せっかくの1回食事なので、ただ食べるだけでなくひとつひとつにこだわるようにしています。こだわればこだわるほど食事の時間が楽しくなり、まとめれば後で思い出が形となって残るのでお勧めです。

5-① 将来のキャリアビジョンについて教えてください。(選択式)

国内で営業や管理など様々な経験を積み、事業拡大に貢献したい。

5-② 選択した理由を教えてください。 (200文字以下)

私は、自分の隣にいる人を御社の商品で笑顔にすること、幸せにすることに自分の力を使いたいと思っています。国外に日本の文化を伝えるにはまず内なる部分をしっかりしていないといけないと思います。国外へ会社のネームを広げるための土台作りとしての意味もこめて、国内での営業や管理を選択させていただきました。


関連するコラム