日清食品 企業分析


日清食品企業分析

企業概念

商号 日清食品株式会社 (NISSIN FOOD PRODUCTS CO., LTD.)

設立年月 2008年10月1日資本金 50億円代表者

代表取締役社長 安藤 徳隆事業内容 即席麺等の製造および販売

本社 東京本社〒160-8524東京都新宿区新宿6-28-1

TEL 03-3205-5111 (代表)

企業理念

○企業理念食足世平「食が足りてこそ世の中が平和になる」

食は人間の命を支える一番大切なものです。 文化も芸術も思想も、すべては食が足りてこそ語れるものです。 食のあり様が乱れると、必ず国は衰退し、争いが起こります。 食が足りて初めて世の中が平和になるのです。 日清食品の事業は、人間の根源から出発しています。

○食創為世「世の中のために食を創造する」

企業にとって最も大切なものは、創造的精神です。 創造とは、新しい発想と技術によって革新的な製品を生み出す力です。 食を創り、世の為につくす。 日清食品は、世の中に新しい食の文化を創造し、 人々に幸せと感動を提供します。

○美健賢食「美しく健康な身体は賢い食生活から」

空腹を満たし、味覚を満足させたいと思うことは、人間共通の欲求です。 しかし、食に求められるのはそれだけではありません。 美しい体をつくり、健康を維持することが、 食品のもつ大切な機能なのです。 美しく健康な体は賢い食生活から作られます。 日清食品は、食の機能性を追及し、世の中に「賢食」を提唱します。

○食為聖職「食の仕事は聖職である」食は人々の生命の根源を支える仕事です。 食の仕事に携わる者は、社会に奉仕するという清らかな心を持って、 人々の健康と世界の平和に貢献していかなければなりません。 食の仕事は聖職なのです。 安全で美味しくて体にいい食品を世の中に提供していくことが、 日清食品の使命です。

事業紹介

○即席麺事業

日清食品グループの常温食品事業は、日清食品と明星食品が主軸となり、より付加価値の高い製品や新たな食シーンを創造する製品をお届けし、消費者の皆さまのニーズに応え続けています。海外展開にも勢力的である。

○菓子事業

日清食品グループの菓子事業は、日清シスコが手がけています。あきのこないロングセラーブランドである「ココナッツサブレ」や「チョコフレーク」をはじめ、手軽で健康的な朝食として普及しているシリアル製品「シスコーン」「グラノーラ」シリーズなどを販売している。

○低温食品事業

日清食品グループの低温食品事業は、日清食品チルドと日清食品冷凍を中心に、社会構造の変化とともに変わりゆく日本の食卓を豊かにする、幅広いジャンルの製品をラインナップしています。

○飲料事業

日清食品グループの飲料事業を担うのは、日清ヨークです。健康に結びつくおいしい製品の開発・販売と、未来へつながる食のロマンの追求を企業理念として掲げ、「十勝のむヨーグルト」「ピルクル」などを中心に、消費者の健康に寄与する製品を販売している

(出典:https://www.nissin.com/jp/

企業の強み

○即席めんの業界シェアが50%を超える

高い商品開発力と高シェア維持同社は即席麺で特に重要だといわれる商品開発力には定評があり、毎月2~3アイテムの新製品を生みだしている。カップ麺では、2006年にTOBで明星食品を子会社化し、国内では即席めん50%と圧倒的シェア、誕生から50年目となるチキンラーメンの勢力は衰えていない。

○海外展開に積極的

日清グループは、No.1ブランドの集合体基本方針は、「技術イノベーション力」と「マーケティング力」の拡充、「海外力」の拡大、「CSR活動」の推進が挙げられ、同社グループでは、今後とも、国内で培った技術イノベーション力、マーケティング力及び収益力といった当社グループの強みを結集し、海外展開を積極的に図ることで、No.1ブランドの集合体である「ブランディングコーポレーション」の実現を目指している。

※参照先http://www.nissinfoods-holdings.co.jp/ir/library/report/pdf/knt_100331_01.pdf

○ブランドマネージャー制の導入

ブランドマネージャー制があり、それぞれのブランドに対してマネージャーとスタッフがついて最初から最後まで管理しなければならない。これによって社内もライバルとなり、競争環境が生じよりよい商品の開発が可能となる。

※出典:http://fseminar.com/kgu/uploads/2008_hokokukai_mid_h4th_noodle.pdf

まとめ

日清のカップラーメンとして即席麺でのブランドイメージが日清食品を見てきました。

いかがだったでしょうか?

日清食品は即席麺を軸にこれからさらに海外進出していくのでグローバル人材になりたい人にとっては魅力的かもしれません。


関連するコラム