味の素冷凍食品 エントリーシート


味の素冷凍食品 エントリーシート

学業・ゼミ活動に関して教えて下さい.

多文化共生をテーマに、公民館の外国人向け日本語教室のスタッフの助手を担当。また、外国人向け防災講座を発案。スタッフとの打ち合わせの後公民館の教室内にて実施しました。

あなたが今までに力を入れて取り組んだ経験について、具体的に記述をしてください。

私が取り組んだのはゼミ活動での、外国人向けの実践的な防災講座です。

私は公民館の外国人向け日本語講座で教師の助手を勤めていました。受講者の外国人の方々の暖かさを前に、私は何か自らこの方々の力になりたいと思いました。

ヒントを得ようと参加した地域意見交換会で、震災時多くの外国人が被害にあったと知り、外国人向けの防災講座を考案。

しかし、防災用語を学ぶ内容の仮案を教師の方々に提示した際「受講者には言葉が難しすぎる。本当に彼らの事を考えたのか」と指摘をうけました。そこで内容を再考、「震災の瞬間に受講者が命を守れる」ことが重要と、机の下に隠れるなど実践的な講座に訂正。教師の方々にも承諾いただき実施しました。

あなたは当社でどのような仕事をしたいと考えていますか。希望する具体的な仕事内容と、その仕事を希望する理由について、当社の特徴を踏まえた上で具体的に記述をお願いたします。

家庭用営業の仕事をしたいと考えています。

私は、頭で考えるのに留まらず直接現場に赴いて、何が必要とされているのか体を持って知り、お客様へ提案するような仕事をしたいと考えております。家庭用営業の仕事は、スーパーでの棚卸のお手伝いや、販促活動で店頭に立つなど、現場を中心とした活動も重要であると理解しております。バイヤーの方も含めお客様にもっとも近い現場で、お客様が求めているものが何かを常に考え応えることで、現場からの反応をすぐに見ることができることに魅力を感じました。

現在国内の動きである高齢化や女性の社会進出に伴い調理時間の短縮が求められ、家庭における冷凍食品のニーズは拡大しています。業界内での競争が激しくなる中、冷凍食品ランキング10位のうち5つを貴社の商品が占めるなど、味の素冷凍食品というブランドがお客様から大きな信頼を得ていると考えております。しかし、現状にとどまることなく、その信頼をいかにより多くのお客様に広めていくことができるか、お客様に商品をお届けする最後の段階でいかに魅力ある売り場を作れるか、営業の働きが重要と考えます。そのような責任ある立場で現場に関わりたいと、志望しました。

あなたが働いていく上で大切にしたいと思っていることは何ですか。

私は、中華料理屋でのアルバイトで自分が調理過程を工夫しながら作った料理でお客様が満足される様子に喜びを感じ、食を作る立場で働きたいと思っております。

その上で、私が大切にしている考えは「食卓は家庭の縮図である」という考えです。美味しさを共有する食卓は、人と人を結びつける大きな要素です。この食卓を、食品メーカーという立場ならばいかに魅力的で楽しめるものにできるか、を常に考えています。

以下の5項目について、あなたが自分の強みであると認識している順に1位〜5位まで優先順位をつけてください。また、その順位をつけた理由をそれぞれ100字以内で記述してください。

1位

目的志向:私の中で決めた目標は絶対曲げません。周囲が音大生の中予選も通らないギターコンクールで、入賞するという目標を掲げた時は、積極的に先生に教えを請うなど積極的に行動し、実際三年の夏に三位入賞を達成しました。

2位

創造的思考:作曲の趣味は無い所から一つの形を作り上げる意味で力であると考えます。また、サークルの演奏会で、これまで服装が決まっていたものを、白黒ならば自由にして良いとし、自己表現の幅を広げるなど取り組ました。

3位

問題解決思考:サークルをどのように運営するのか、目標を見出すのは一人では不可能でした。サークルに求めれていたものを知り、運営に活かせたのは部員一人ひとりとの話し合いによるものです。周囲の人の協力は欠かせません。

4位  

ストレス耐性:多くのタスクを同時にこなす必要がある際に、焦ってしまいどれも手につかない期間ができてしまうことがあります。最終的に落ち着いて一つ一つこなせるようになりますが、この期間をなくすのが課題と考えてます。

5位

計画的思考:スケジュールに今日の自分へのノルマを書いていたとしても、その日一日別の課題に夢中になってしまい達成できないことがしばしばあります。そのため、計画を立ててもその通りに事が進めることが苦手です。


この企業の分析

関連するコラム