グリコ エントリーシート


グリコ エントリーシート

コース選択の理由をご記入ください。 (150文字以下)

私は四年間中華料理屋のアルバイトをしてまいりました。その中で、お客様が食事を終えた時の満足そうな表情を見ることに喜びを感じ、「食」に携わる仕事をしたいと思いました。そのため、食を通じて生活に楽しみと健康を提供される貴社の中で、最初にお客様の顔を直接伺うことのできる営業といった業種で働きたいと思いました。

学業・ゼミ・研究室で取り組んでいる内容をご記入ください。 (300文字以下)

私がゼミで取り組んでいるのは、開発教育学を通じた多文化共生です。具体的には、今後外国人が増えていく日本の中で彼らが直面している困難や課題を見出しこれらの問題を解決するために、国籍年齢問わずどのような教育が必要となるのかを考え、実践する学習です。昨年では、公民館の外国人向け日本語教室に補助スタッフとして通い、外国人の現状を見てきました。その中で外国人が震災の対処法を知らないために過去に多くの犠牲者が出たこと、日本語が分からない人に向けての防災情報が十分でない現状を知り、外国人向けの防災教育の方法を考察しました。また、公民館の日本語教室の場をお借りして実際に受講者を対象とした防災教育を実践しました。

学生時代に最も打ち込んだことは何ですか。( 300文字以下)

私はクラシックギターに打ち込んできました。高校時代からの趣味でしたが、大学のサークルに入り、コンクールで多くの賞をとった先輩やプロの方々と交流するようになり大きく世界が広がりました。その中で私は、自分がギターでどこまで通用するのかを試してみたいと思い、入学からずっとコンクールに出場し続けてまいりました。そのようなギターに対しての姿勢が買われ、三年生でサークルの幹事長を担当いたしました。リーダーとなってからは、演奏面では部員のモチベーションをあげるために、これまでの論より証拠の姿勢を貫くことを意識しながらも、サークル運営という新しい面では、部員一人ひとりと個別に話を聞くなど、部員たちの間の潤滑剤としての役割を意識しました。この年にコンクールで3位入賞という結果を残しましたが、それ以上に無事にサークル最後の演奏会を終え、幹事長の挨拶で立った舞台の光景が最も感動した瞬間でした。

「今の自分では通用しない」と挫折を感じた経験はありますか。そしてそれをどのように乗り越えましたか。 (300文字以下)

高校時代ギター合奏部に所属し演奏指導を担当していた際、演奏の質にこだわるあまり周囲のことを考えず無理を強いてしまい、一部部員からの信頼を損ねたまま引退をした過去がありました。リーダーとしての役割を果たせなかった挫折は、大学に入ってからも引きずったままでした。その後、サークルで再びリーダーを担うことになった際、この経験を踏まえて自分にとってのリーダーの在り方を再考し、それまでの目標を大きく掲げ周囲を先導するようなリーダー観ではなく、一個人と真摯に向き合う姿勢を重ね相手の求めるものを汲んで目標に組み込みながら全員で進んでいくことを意識しました。その結果、OBの方々から例を見ないほどいい演奏会だったと言われるような演奏会にする事ができました.


この企業の分析

関連するコラム