野村證券 エントリーシート


野村證券 エントリーシート(インベストメント・バンキングコース)

野村證券への志望動機を記述してください。 (300文字以内)

理由は二つある。一つ目は、最も濃い経験を積める環境だと考えるから。貴社は日系最大手の証券であるため、案件の量や業務の幅は、他社と比べると圧倒的に多く広い。その分、学びの機会が多く、成長できると考える。二つ目は、貴社が独立系証券であり、グローバルで戦っている点である。独立系であるからこその、本業に対するプロフェッショナリズムを強く意識しているところが魅力的だ。また、貴社はグローバルの存在感は現状高くはないが、年々その存在感を高めている。日本の独立系証券が、世界のトップに割って入る未来、その道中にいる貴社で働く事ができるならば、それは非常に刺激的でやりがいのある仕事だと考える。

志望コースを選択した理由を記述してください。 (300文字以内)

理由は二つある。一つは、経営視点を身に着けたいという思いだ。現在、ITベンチャーでインターンをしている。そこの経営者は、IB出身者が多く、彼らに憧れを持った事がきっかけだ。経営することと、経営視点は全くの別物であるが、IB業務を通じて学べることが多くあるのも、事実だと考える。若いうちは力を蓄え、チャンスが来たとき掴み取れるような人材になりたい。二つ目は、一世一代の意思決定に関わる仕事である点だ。大きなプレッシャーを感じるだろう。しかし、成功に導けたときの達成感もひとしおであると考える。大きな意思決定に若くから立ち会えるような職業は他になく、IBの大きな魅力の一つである。

【インベストメント・バンキングコース課題1】最近(過去6か月以内)発表もしくは報道されたM&Aや資金調達(株式、債券、CBなど)の1つを選び、それに対するあなたの意見を記述してください。特に、評価する点と、問題・課題と考える点も挙げるようにしてください。(知識を問う質問ではありませんので、ご自身の自由な意見をお聞かせください。) (500文字以内)

トヨタが発行するAA型株式について。評価できる点は2点あると考える。1つはトヨタにとって優良な株主が増える事。5年間売買できないため、保有者は長期的な視野を持たざるを得ない。さらに、その流動性低さから、機関投資家よりも個人投資家に好まれ、議決権が分散するだろう。もう1点は、投資家のニーズに合っていること。社債よりもお得で、普通株ほどのリスクがない。世界的大企業の信頼を存分に生かし、自動車業界の大変革に備えた株主対策と資金調達を巧妙に行っている。課題は、投資家にとって腑に落ちない点だろう。投資家にとって好条件すぎるのだ。調達資金や株主入れ替えのメリットに対して、トヨタが背負うリスクはが大きいのではないだろうか。トヨタが株主に頭を悩ませている様子は見えない上、希薄化を防ぐための自己株買いを行うため、実際に手元に入るのは、差額の20%程度とみられる。総じてAA株発行は、変化の激しい自動車業界に対応する為の、周到な取組みと評価できる。業界構造が変わっていく中で、短期的な視野を持った株主に足を引っ張られようものならば、それは致命傷になるからである。しかし、私は今回の新種株は非常意義深い。企業価値の最大化という目的を共有する経営陣と株主であるが、双方の企業価値の定義は必ずしも合致しない。株主が求める価値の最大化は資本主義そのもので、往々にして短期的である。毎期の決算発表で大きく株価が揺れるのもそのためである。一方、経営陣は利益至上主義でない場合がある。さらには、次期の決算よりももっと先を見据えていることは言うまでもない。

【インベストメント・バンキングコース課題2】あなたが大学時代(大学院生は大学院時代も含む)に取り組んだこと(勉強、趣味、その他の活動等、学内外を問わない)の中で、特筆すべきと思うことについて記述してください。特に、その結果を出す為に行った工夫、留意したこと等、成果に繋がった要因を分析をしてください。 (500文字以内)

留学先大学のサッカー部に所属し、唯一の日本人として、1年間活動し、チーム新人賞を獲得したこと。留学先はイギリスの田舎町。所属クラブは、長年その街で活動していて、地元色が強い内向的な文化をもっていた。当初、よそ者の私には、パスが来なかったり、練習予定のメールが来なかったりもした。そこで私は、よそ者だからこそ、チームに「最大の貢献」を心掛けた。しかし「1選手」として活動するだけでは、選手としての力や限られた留学期間を考えると、最大の貢献には届かない。そこで、クラブ行事のチャリティ運営やコーチ業など、選手外の活動にも主体的に取組んだ。チャリティではイベントの設計と唯一の留学生である強みを生かし、一番の集客をした。コーチ業では、高校大学時代にコーチの役割を担っていた経験を生かした。コーチにマンネリ化していた練習の改善を申し出て、練習前にコーチと二人でその日の練習を確認する事を習慣化した。結果として、チームへの貢献が評価され、チーム新人賞に選ばれた。その時50名を超えるOBの前でスピーチをすることができた。

【インベストメント・バンキングコース課題3】以下の質問から一つを選び、回答してください。

あなたが他人と協働する際や他人の心をつかもうとする際、どのようなことに気を付け、どういうコミュニケーションや行動を取っているのか、具体的な事例とともに記述してください。

他人にはないであろう自分のアピールポイント・魅力について記述してください。なぜそれが自分のアピールポイント・魅力だと思うのかも併せて記述してください。

あなたが過去に経験した失敗や挫折について記述してください。特に、その原因と考えられる要因分析と共に、そこから学んだことについても記述してください。

選択した質問について記述してください。 (500文字以内)

あなたのアピールポイント

アウェイでも物怖じせず、行動を起こせる胆力と、起こした行動を継続する忍耐力だ。英国の田舎町の地元サッカー部で活動した際に生かされた。そのクラブは、地元で長年根付いたクラブであったため、内向的な文化を持っていた。留学生は私一人。「わざわざ居心地の悪い地元コミュニティに入る必要はあるのか」「英語なら他でも学べるうえ、留学生のための環境が他にあるじゃないか」と多くの人がハードな割にリターンが得られないと考えた。その見立てはもっともで、留学先で地元の人と過ごそうが、留学生と過ごそうが、身に付く英語力に大差は無いのかもしれない。しかし、皆が敬遠するような環境に飛込んだところに、私の価値があると考える。中でも、物怖じしない胆力と継続する忍耐力が鍛えられた。クラブでは、外から来た者だからこそ自ら動き出し、価値を示す必要があった。周りの目を気にしていたら始められない。始めたことを達成しなくてはならない。そのためには、忍耐強く継続する必要がある。アウェイで価値を発揮できる、胆力と忍耐力が私のアピールポイントだと考える。


この企業の分析

関連するコラム