三井住友銀行 エントリーシート


三井住友銀行 エントリーシート

[1]あなたの「自分ならでは」を教えてください。(チャレンジしたこと、価値観等) (100字以内)

英国の田舎町での留学中に、留学先大学のサッカー部に所属し、唯一の日本人として⒈年間活動したこと。シーズン後半からは、選手としてだけでなくコーチとしてチームの目標達成のため尽力した。

[2]  [1]でお答え頂いたことについて、具体的なエピソードや取組を教えてください。(400字以内)

よそ者だからこそ、最もチームのために尽力することを心掛けた。クラブのメンバーの多くは地元に住む大学生であり、地元色が濃い内向的なカルチャーを持つクラブであった。当初、よそから来た私は、パスが来なかったり、二人組の練習でパートーナーを見つけられなかったり、練習予定のメールが来なかったりもした。一選手としてチーム貢献することは自分の実力的にも難しく、全力で練習や試合に取組むだけでは、最大の貢献をするためには、不十分であった。そこで、毎年恒例のクラブ行事であるチャリティスタッフに手をあげ、イベント(サッカー大会)の設計と運営を行った。唯一の留学生であることを活かし、他部員とは接点がないコミュニティに接触することで最も多くのチームを集めた。また、高校時代からコーチ業を担っていた経験をいかして、マンネリ化していた練習メニューの改善をコーチに提案し、二人で改善した。

[3]  [1]でお答え頂いたことについて、苦労したことや克服したこと、そこから得たものを教えてください(400字以内)

最も苦労したことは、クラブの地元色が強いカルチャーに適応すること。長年その街で活動していて、OBとの交流も盛んである熟成されたコミュニティで、チーム内の繋がりは強い反面、排他的な側面を持っていた。その文化に馴染めず、私と同じ時期に入部した留学生は皆辞めてしまった。得たものは、アウェイでも自ら行動する胆力と、そこで継続する忍耐力だ。自分がよそ者だから、遠慮してしまうのではなく、よそ者だからこそ最も動くことが必要だと実感する一年であった。チャリティ活動や練習改善の取組みも、当初は白い目で見られていた。しかし、継続することでチームに貢献すると認められれば、周囲に助けてもらえるようになった。アウェイの環境下でも、恐れずに自ら動きだす事ができる胆力。動き始めるとアウェイの地では様々な困難が伴うが、めげずに継続する忍耐力。この二つの力が鍛えられたと考えている。

[4]  三井住友銀行を志望する理由についてお答えください。 (400字以内)

理由は二つだ。一つ目は、金融というすべてのビジネスのガソリンとなる手段を用いることで、世界のあらゆるビジネスの価値の最大化をめざし、人々の生活を豊かにしたいという思いだ。優れたアイディアがあったとしても、資金がなければビジネスは成立しない。世界を見渡したとき、このような状態に陥っている企業は多い。そういった未来を担う企業を探し出し、金融という最も現実的な手段を用いて、支援することができる銀行を志望する。ITベンチャーでインターンをした際に、熱い思いを持って事業に取組む経営者を間近で見た経験から上記のような思いを持った。二つ目は、日本発で世界を席巻する銀行を貴行が目指しているからである。先進国である日本だが、金融に関しては欧米とくらべて存在感が薄い。しかし、これから勢力図を書き換えることは十分可能だと考え、それを達成するために働けるならば、非常にやりがいがあると考えている。


この企業の分析

関連するコラム