スクウェア・エニックス エントリーシート


スクウェア・エニックス エントリーシート

スクウェア・エニックスを志望する理由をご記入ください。300文字以下

二点あります。一点目は「働くからには好きな事を仕事にしたい」という思いからです。自分の興味・関心の高いゲーム・漫画という分野であれば、いかなる苦労があっても必ず仕事をやり遂げられると確信しています。まして憧れの貴社で働けるのであればこれ以上の誇り・やりがいはありません。二点目はインターンシップを通して感じた社風から、自分らしく働けそうな会社だと考えたからです。社員の方々にお話を伺う過程で、「優しく丁寧でゲームにかける思いが非常に熱い」という方々が多い印象を受けました。自分と同じゲーム・漫画好きな人が比較的多い印象も受け、「嘘偽りなく自分らしく働ける」と考えこの度志望致しました。

総合職の中で特に興味のある職種を挙げてください。 100文字以下

「ゲームコンテンツのマーケティング・宣伝」です。

挙げた職種をどのようにイメージしているか簡潔に述べ、興味を抱いている理由を教えてください。300文字以下

ゲームの認知度を高め、いかに売上に繋げていくかという仕事だと認識しています。CMやWeb広告、雑誌、ニコニコ生放送といった媒体を活用し、限られた予算の中でより多くのターゲットにアプローチをしていく仕事だとお伺いしています。マーケティング・宣伝に興味を抱いている理由としては、自分の強みが最も活かせる可能性があるという点です。私自身マーケティングには昔から興味があり、様々な商品のプロモーション施策を考えるために広告研究会に入りました。こうしたサークルでのプロモーション施策考案活動の経験と、「数字に強い」という私の強みが、データなど数字を扱うマーケティング部門で活かせるのではないかと考えました。

設問 (7)

あなたやあなたの志向を表す単語を20個挙げてください。(あなたを形容する単語でも、興味のあるトピックスでも何でもかまいません。)200文字以下

ゲーム  漫画  サッカー  フットサル  ラーメン  ディベート  国際人的資源管理  広告研究会

プログラミング  英会話  結果にこだわる  負けず嫌い  真面目  好奇心旺盛  数字に強い

リーダーシップ  全力投球  アイデアマン  体力がある  チームで取り組む

スクウェア・エニックスの総合職を志望する上で、役立つ・活きると考える、あなたの経験・体験・取組を1つ挙げ、その概要とそう考える理由を教えてください。300文字以下

広告研究会で取り組んだ、商品のプロモーション施策考案が役立ってくるのではないかと思います。広告研究会では実際に企業を招き、複数の班に分かれてプレゼンテーションを行い施策の質を競い合いました。私はその中で班長を務め、議論の進行や仕事の分担、スケジュールの調整等チームでより良いプロモーション施策を出せるよう努めました。役立つと考える理由としては、話し合いでの協調性や、グループをまとめるリーダーシップをそこで学んだからです。貴社での仕事はチームで取り組む事が多いと解釈しています。サークルの中で自分なりに学んだチームに対する関わり方やまとめ方が、貴社で働く上でも活きてくるのではないかと考えています。

インターンシップイベントに参加した方のみご入力ください。

インターンシップイベントにおける「あなたのチームの企画内容」を簡潔にご説明ください。 200文字以下

「旅行」をコンセプトに、実在する観光地を旅するゲームを企画しました。自分の分身となるアバターを作成し、世界中のプレイヤーと一緒に「パリ」や「ローマ」といった観光地を巡り、与えられるミッションをこなしていきます。チャットやフレンド機能でユーザー同士の交流を図ります。課金要素に関しては、アバターに着せる民族衣装に加え、お土産や、家・土地などの購入の際に必要なゲーム内通貨の購入が主な収益源になります。

インターンシップイベントに参加した方のみご入力ください。

インターンイベントにおいて「担った役割」「発揮できた力」「気づいた自身の課題」をご入力ください。 300文字以下

担った役割としては主に「アイデアの源泉」と「議論の舵取り」の二点です。一点目は自分のアイデアがベースとなって話が進んだという事もあり、全てを生むアイデアの源のような役割を担えたと思います。二点目は、議論すべき内容に優先順位を付け、脱線した際は話を元に戻したり、比較的口数が少なかったチーム員に意見を促す事を行い、全体としてより良いアウトプットが出るよう調整しました。発揮できた力として、上記に加え「数字に対する強さ」です。数字に強いという自分の特長から、試算など数字関係を担当させて貰いました。また、課題として「細部にこだわりすぎる」という事に気付けたので、全体像をもっと意識しようと思いました。


このカテゴリーの企業

関連するコラム