東京電力 エントリーシート


東京電力 エントリーシート

1.学生生活における問題意識とそこで考えた課題はどのようなことか(180字-210字)

学生向けマンションの管理会社の事務アルバイトの作業の効率化に取り組みました。電話応対と契約書類の返送チェックを主に行っていました。入居者である学生が一斉に入れ替わる2月3月が繁忙期でした。繁忙期には1日に約200件の契約書類のチェックをアルバイトのみでやることがありました。返送チェックは各作業の工程が複雑でミスが生じやすかったです。私はバイトリーダーとして返送チェックのミスの減らすこと、作業の効率を上げることを目指しました。

2.課題に対して具体的に行ったこと(300字-350字)

一連の工程を書き出し、その中で特にミスが生じやすい箇所をピックアップしました。ミスしやすい箇所は他のアルバイトの意見も聞きました。それぞれの得意な作業や苦手な作業も教えてもらいました。作業もなぜ得意なのか、なぜ苦手なのかを聞きました。話を聞いてみると、得意な人は独自のコツを持ち、苦手な人は作業の全体像が見えていないという背景が見えてきました。アルバイトからヒアリングした情報を基に、作業の全体像の把握、各作業の重点的にチェックするべきポイント、効率よくチェックするためのコツを全員で共有しました。作業の分担をするときもそれぞれのセクションに得意な人を配置し、作業効率の向上に努めました。全員でノウハウを共有することに加えて、ノルマを達成するための時間配分を逆算して、工程ごとに振り分けました。

3.取り組んだ結果、成果、周囲の評価、及ぼした影響(150字-175字)

全員で知識の共有をした結果、作業の効率と書類のチェックミスが改善されました。200件の書類チェックを、社員の方が想定した所要時間よりも1時間早く終わらせることができました。また以前は最終チェックで20%近くチェック漏れがありましたが、5%未満にまでチェックミスを減らすことができました。アルバイトで共有した情報はマニュアルとして社内全体に共有されました。

4.就職を考えるとき重要視していること、そのうえで志望理由と果たすべき使命(240字-280字)

私は企業のもつ「公益性」を軸に就職活動をしています。貴社は日本の経済の中心地である東京に安定した電力を供給し続けていました。生活において欠かすことのできない電気を作り、送り出すことは今後も必要です。更に電力の小売り自由化が始まったら日本全国に送り出すことが見込まれます。電力業界のリーディングカンパニーとして安定供給をしていくためには原子力発電所の稼働が必要だと考えます。しかし、福島の災害を忘れてはいけません。災害に強い施設づくりを最優先にし、信頼を勝ち取ることが貴社の果たすべき使命だと考えます。

5.1で取り組んだことは東京電力でどう活かせるか(240字-280字)

私のアルバイトでの経験は今後貴社においてコーポレート部門で力を発揮できると考えます。人の適性やポテンシャルを観察し、適切な部署に配置をすることができます。企業を潤滑に運営していくうえで、各人が最も力を発揮できるように環境を整えることが最優先事項だと思います。また作業を円滑に行ううえで必要なノウハウや問題点を聞き取り調査し、誰が読んでも理解できるように平準化していきたいです。多岐にわたる事業を行っている貴社がジョブローテーションを通して従業員を育成する際に早く適応してもらえるようなマニュアルを作りたいと思います。


関連するコラム