東京電力 企業分析


東京電力企業分析

企業概要

東京電力株式会社(とうきょうでんりょく、英:Tokyo Electric Power Company, Incorporated)は、首都圏1都7県(群馬県、栃木県、茨城県、埼玉県、東京都、千葉県、神奈川県、山梨県)、静岡県の富士川以東(富士市の旧富士川町域及び富士宮市の旧芝川町域の富士川以南、及びその他の静岡県富士川以西地域については中部電力の管轄)の地域を事業地域とする電力会社である。

(引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/東京電力)

企業理念

「エネルギーの最適サービスを通じてゆたかで快適な環境の実現に貢献します」

  • 「経営理念」は、「私たち東京電力グループが、世の中に存在し、企業活動を行うのは何のためか」という存在意義を示したものです。
  • 「ゆたかで快適な環境」とは、「便利でくらしやすいだけでなく、心豊かで、自然とも調和した持続可能な社会」と考えています。
  • 私たち東京電力グループは、お客さまや社会のニーズを先取りした、電気を中心とするさまざまなサービスをお届けすることで、そうした環境の実現に向け貢献していきます。

(引用:http://www.tepco.co.jp/)

東電の役割

販売電力

日本の販売電力量の約1/3を担っています。
現在わが国は、世界第5位のエネルギー消費大国です。日本経済の中心地である首都圏に電気をお届けしている東京電力の販売電力量は日本全体の約3分の1。2008年度で2,890億kWhとなりました。これはイタリア一国とほぼ同程度となります。

お客さま一軒あたりの停電時間年間3分、これは世界トップクラスの安定性です。
首都圏の電力供給を担う東京電力では、高品質な電気を安定的にお届けしています。信頼性の高い設備と高度な技術力により、年間の停電回数、時間ともに世界トップクラスの安定性を維持しています。

火力発電

火力発電の熱効率を59%にまで高めています。
東京電力では、火力発電の熱効率向上に努めており、世界最高水準の熱効率59%を達成する1,500℃級コンバインドサイクル発電(MACC発電)を2007年6月に川崎火力発電所、2008年7月に富津火力発電所に導入しました。さらに、2016年度には熱効率61%を実現する1,600℃級コンバインドサイクル発電(MACCII発電)を川崎火力発電所に導入する予定です。

環境への配慮

低炭素社会の実現に向け取り組みを進めています。
東京電力は、CO2排出原単位を2008~2012年度の5年間平均で1990年度比20%削減という自主目標を掲げています。発電時にCO2を排出しない原子力発電所の安全・安定運転や、火力発電の効率的な運用、京都メカニズムを活用した炭素クレジットの反映など、目標達成に向けた様々な取り組みにより、2008年度の調整後CO2排出原単位は0.332kg-CO2/kWhとなりました。

東京電力の強み

強みは何と言っても、日本の販売電力量の約1/3を担っている事でしょう。

また、日本国内において最も人口の集中する首都圏を営業基盤としている事も上げられると思います。

社風

ビジネススキルが身に付く。仕事を進める上で、上司に結果から逆算して、ストーリーを描くよう強く求められ、論理的に仕事を進めていく中で、多くの課題が発生し、それを多くの人を巻き込みながら解決していくことで、多くの達成感を味わうことができ、日々成長が実感できる。

子育て支援が充実。社内にロールモデルが多い。結婚、出産で退職する人はいません男性社員も子供の看護休暇を取得していますよ。有給も取得しやすい、フレックスの職場だったので、時間の融通が利き助かっていました。

(引用:http://jobtalk.jp/company/3757)

まとめ

震災の一件から良しも悪しも何かと注目を浴びる東電ですが、何せ日本の販売電力の1/3を担っているのは揺るぎない魅力ですよね。今後安定して国民に供給していく際の課題の発見などができれば非常によいと思います。

出典:企業公式HP


関連するコラム