デロイトトーマツ 企業分析


デロイトトーマツ 企業分析

デロイトトーマツ企業概要

グローバルではこれほど有名な会社はないと言っても過言ではない世界最大規模の会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツ(デロイト)のメンバーファームです。
日本では1993年頃よりビジネスを開始しており、コンサルティング面では知名度はまだまだと言ったところです。しかし、現在まで急速拡大中のファームであり、現在の従業員数は1500名超となっております。
【日本のビジネスに新しい力を】を理念として日本企業の改革に挑戦を続けています。
そんなデロイト・トーマツ・コンサルティングについて見ていきましょう。

デロイトトーマツ事業内容

コンサルティング業界の特徴が
コンピテンシーサービス×インダストリーサービス
という構造であり、これによって企業の競争力強化に取り組んでいます。

コンピテンシーとは、
戦略・組織改革改変・M&A・CFOサービス・オペレーション変革・テクノロジーアドバイザリー・組織人事コンサルティングから成り立ちます。
このうち一つを自身の強みとしてキャリアを積んで行くことになります。

インダストリーとは、全業界のことを指します。
コンシューマービジネス・金融・ライフサイエンス・製造・情報メディア通信・資源エネルギー・パブリックセクター・不動産から成り立ちます。

例えば、金融インダストリーの戦略担当として活躍するというような働き方をします。

デロイトトーマツ強み

・規模の大きいグローバルカンパニー

全世界140カ国、16万5000人のプロフェッショナルからなるネットワーク、デロイトトゥシュトーマツのメンバーである日本最大級の会計事務所、トーマツグループに属しています。
そのため、とても規模の大きい企業で、グローバルな会社ということができます。

・グローバルなネームバリューと海外連携

国際的プロフェッショナルファームのデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(Deloitte Touche Tohmatsu Limited:Deloitte)のメンバーであり、日本最大級の会計事務所、有限責任監査法人トーマツのグループに属しているため、どんなクロスボーダー案件にも取り組むことができます。つまり、デロイト トーマツ コンサルティング(DTC)が提供するコンサルティングだけでなく、会計、税務、ファイナンシャル アドバイザリーなど、それぞれの地域・国に即した知識を必要とする経営課題に、150カ国超の拠点に活躍している経験豊富なエキスパート約200,000人たちが対応可能です。

まとめ

以上まとめると、デロイト・トウシュ・トーマツ(デロイト)のメンバーファームという世間的なブランド力を活かして、以下のような志望動機になるのでしょうか?

○国際的に企業を支援できる
世界各国に会計、税務、ファイナンスのグループ企業を有し、顧客をサポートできる

○自己を成長させることができる
他のコンサルティングファームに比べ、人を育てる文化がある

○社会的インパクトがある
日本企業の海外進出の手助け等を手伝い、社会に貢献できる

このようにみていくと、連邦制を取っているためクロスボーダー案件を多く経験できることが自己の成長をさせ、国際的な企業の支援、そして社会的インパクトに寄与できるデロイトトーマツの強みなのかもしれませんね。

以上、デロイトトーマツ企業分析でした。

参考文献

○https://swot.jp/company/comp/tohmatsu/

○http://iroots.jp/rooter/4784


関連するコラム