電通 企業分析


電通企業分析

企業概要

社名 株式会社 電通 (英文社名:DENTSU INC.)

創業 1901年(明治34年)7月1日

代表者 代表取締役社長執行役員 石井 直(いしい ただし)

本社所在地 〒105-7001 東京都港区東新橋1-8-1 (代表電話番号)03-6216-5111 URL 電通HP:http://www.dentsu.co.jp/

アクセス資本金 746億981万円(発行株数:2億8,841万株)

②企業理念(企業HPなどより)

電通グループ企業理念「GoodInnovation.」

これは、新たな価値の創造と変革を導くことを希求し、企業や組織のイノベーションを支えようとする意志を込められています。

事業紹介

○マーケティング・デザイン

クライアントのパートナーとして、統合的なマーケティング・ソリューションを提供し、売れ続ける仕組みをデザインします。

○コミュニケーション・デザイン

生活者の嗜好や取り巻く状況を把握し、コミュニケーションのプロセスや機会、手段を設計します。

○クリエーティブ

「イノベーティブなクリエーティブ」をテーマに、既成概念やデジタル/トラディショナルの枠にとらわれない、最適なソリューションを提案します。

○プロモーション

店頭でのコミュニケーションにとどまらず、デジタル領域の知見やツール、スペース・ブランディングの手法を有しています。

○デジタル/ソーシャルメディア

電通グループ各社の専門性を活用し、企業の課題解決を支援するデジタル・ソリューションを提供します。

○データ・ソリューション

多様なデータを活用し、マーケティングの最適化を支援するためのデータ・ソリューションを開発しています。

○メディア・コンテンツ

メディア・プランニングのノウハウ、メソッド、優良なコンテンツ資産、そしてそれらを活用したメディア企画を提供します。

○ソーシャル・ソリューション

ソーシャルテーマを発掘し、その解決に向けたビジネススキーム開発、コミュニケーション戦略などのソリューションを提案します。

※ 電通公式ホームページから引用

企業の強み

◆メスメディアに強い

マスメディア(特にテレビ業界)に強い電通はすべてのマスメディアでトップシェアを獲得しています。強力なメディアの確保力も、国内市場における電通の優位性を支える基盤となっています。

具体的には、約1.9兆円の市場規模のテレビ業界で37.3%のシェアを誇っています。

その他に、市場規模が約8200億円の新聞で19.4%、市場規模が約4000億円の雑誌で15.8%、市場規模が1549億円のラジオで14.4%の市場規模を誇っています。

(出典:http://www.dentsu.co.jp/ir/kojin/dentsu2.html)

◆広告代理店の規模は世界最大の売り上げ規模、日本1位

広告代理店としては世界最大(グループとしては5位)の売り上げ規模であり、連結売上高は2兆円を超える(2008年3月期決算による)。国内2位の博報堂の売上高の2倍、国内3位の売上高のADKの4倍であり、名実ともに国内最大の広告代理店であり、「広告業界のガリバー」の異名を持つ。その圧倒的なシェアのため、市場の寡占化が問題視され、2005年に公正取引委員会による広告業界についての調査がなされた。また、世界2位の市場規模(全世界の8.2%)を誇る日本で、広告売上高比率の26.4%を占めている。

世界広告代理店企業時価総額ランキング(2008/3/4)

順位 企業名

1 Omnicom Group
2 WPP Group
3 Clear Channel Outdoor Holdings
4 Publicis Groupe
5 電通

出典:https://swot.jp/company/swot/dentsu/?login#SC000073LS001

まとめ

電通の強みは何と言っても日本最大の広告代理店ということもあり、広告という軸で社会に対して大きなインパクトを与えたい人にお勧めかもしれません。


この企業のES(エントリーシート)

このカテゴリーの企業

関連するコラム