P&G 企業分析


P&G企業分析

今回は、ハーバルエッセンスやパンテーンといったヘアケア製品などでよく知られるP&Gを取り上げます。P&Gは「世界で最も尊敬される企業」20位(米金融情報誌バロンズより)、「世界でもっとも賞賛される企業」業界1位、総合15位(米ビジネス誌フォーチュンより)に選ばれています。

企業概要

正式名称は、プロクター・アンド・ギャンブル、アメリカ合衆国オハイオ州に本拠を置く世界最大の一般消費財メーカー。ホームケア製品、紙製品(パンパース)、化粧品(マックスファクター)、ヘアケア製品(ヴィダルサスーン、パンテーン、h&s、ハーバルエッセンス、ウエラ)、ヘルスケア製品(歯磨剤 Crest)など多数の事業を保有し、世界180カ国以上で事業展開している。日本では、プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパンを展開している。

(出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/プロクター・アンド・ギャンブル)

企業理念

”世界の人々の、よりよい暮らしのために”

現在そして未来の、世界の消費者の生活を向上させる優れた品質と価値をもつP&Gブランドの製品とサービスを提供することを目的としています。

事業内容

P&Gの事業内容を把握するには、商品を見てみるのが良いでしょう。

P&Gの強み

ブランディング戦略

ヘアケア製品「パンテーン」、消臭剤のファブリーズ」、幼児用紙おむつ「パンパース」など、皆さんも馴染みがある商品ではないでしょうか?

各商品ブランド自体は知ってはいたが、P&Gという会社はあまり知らない、またはP&Gによる商品であったこと知らなかった人もいるかと思います。その商品ブランドが拡大していくことがP&Gの狙いなのです。このように1つのブランドを強化し力を持たせるものがブランディング戦略です。

消費者起点のマーケティング力

消費者調査は、お客様がP&G製品に触れるあらゆる接点に関して、徹底して行われます。例えば一つの製品を世に出すまでに、開発コンセプトや仕様はもちろんのこと、パッケージ、広告、店頭でどのように陳列するかなど、お客様のご意見を繰り返しうかがいながら、一つひとつを決めていきます。お客様ご自身も気づいていない真のニーズを知るためには、日々の暮らしや価値観を深く掘り下げ、プロの視点で必要なものを導き出す必要があるためです。そうして得たお客様の“夢”を、最先端のテクノロジーによって形にする。こうして生まれたイノベーションは、お客様の暮らしそのものを変えることもあります。例えば「ファブリーズ」。布製品の消臭スプレーという、それまでになかった製品の登場によって、洗えない布製品を“消臭する”という新しい生活習慣が生まれました。

まとめ

私たちに身近なケア製品を扱うP&Gでは、消費者目線が重要だど思います。今後のP&Gのの発展に自分がどのような貢献ができるか考えてみるのもよいかもしれませんね。

公式HP:http://jp.pg.com/index.jsp


この企業のES(エントリーシート)

このカテゴリーの企業

関連するコラム