【前日の過ごし方が合否を左右する?】面接前日にやるべき4つのこと


面接前日にやるべき4つのこと

interviste-pune

いよいよ面接前日!これまで行ってきた企業研究や自己PRなどの準備は、全ては面接のためというのもあり、面接前日に緊張してしまったり、何をすれば良いかわからず、あたふたしてしまう人も少なくありません。色々と考え過ぎて眠れなくなり、遅刻をしてしまうと最悪ですね。

そこで今回は、面接の前日にやるべき4つのことをご紹介します。これだけやれば前日の準備はバッチリです。

身だしなみのチェック

Mirror_mirror_by_sic_purity

まずは、身だしなみが適切かどうかを確認しましょう。特に、下記の項目は念入りにチェックして下さい。

  • 髪の毛の色が明るすぎないか
  • 爪は伸びすぎていないか
  • スーツにシワが寄っていないか
  • カバン、靴などは汚れていないか
  • 大きすぎる腕時計や、ブランドのロゴが大きすぎるカバンではないか

面接は、初めて会社の人と会う場です。初対面の印象は、面接の結果に直結すると言っても過言ではありません。相手に不快感を与えないよう、入念にチェックしましょう。

持ち物のチェック

IXXPeOR7

会社に指定された提出物や持ち物を忘れると、相手にとても悪い印象を与えてしまいます。どんなに面接がうまく行っても、その印象を覆すのは難しいです。したがって、まずは持っていかなければならない書類(履歴書など)を入念に確認しましょう。

その後で、筆記用具、スケジュール帳、ハンカチ・ティッシュ、携帯電話など、外で過ごす上で必須なものを詰め込みましょう。

面接会場までの交通手段・所要時間のチェック

tracks3

面接で最もしてはいけないことの一つが、遅刻です。印象は最悪ですし、場合によっては面接を受けさせてもらえません

必ず面接会場までの交通手段、所要時間を確認し、何時に家を出れば余裕が有るのかをチェックしましょう。また、現地についてから焦らないように、最寄駅からの道筋も確認しておきましょう。

話すことの整理

hand-notebook-pc-2980

面接前日は、志望動機や自己PR、逆質問など、面接で話す内容を改めて整理しておきましょう。その際、企業のホームページやパンフレットを確認し、基本情報などはもう一度確認しておくと良いです。

ただ、話す内容の整理とは、「話す内容を暗記すること」ではありません。自分の話したいことのキーワードや、自己PRの流れなどをざっと確認して下さい。

こちらの記事も参考にしてみてください。

合否を大きく左右する! 企業研究で絶対抑えるべき5つのポイント

最後の最後で差をつけろ!転職面接における逆質問の考え方

【魅力半減!】面接で話すことを丸暗記していくべきではない3つの理由

まとめ

いかがでしたでしょうか?

面接前日はどうしても色々と考え過ぎ、あれもしなきゃこれもしなきゃとなるかもしれませんが、この4つを完璧にした後は、ゆっくりと寝て翌日に備えましょう。今まで準備してきたことを全て出しきれるよう、頑張ってください。

皆さんの就職活動の成功を願っています。