【TED】面接前の2分で決まる! 自信を持って面接に向かうシンプルな方法


【TED】面接前の2分で決まる! 自信を持って面接に向かうシンプルな方法

【TED】面接前の2分で決まる! 自信を持って面接に向かうシンプルな方法

姿勢を2分間変えるだけで、人生を大きく変えることが出来る

こう語るのは、社会科学者であるエイミー・カディ氏です。彼女は実験を通し、心が身体に影響を与えるだけでなく、身体が心に影響を与えるということを発見しました。

今回は、彼女がTEDで行った、身体と心の関係についてのプレゼンテーションをご紹介します。

身体が心に影響を与える

DSC_0765

心→身体 の影響

彼女は身体が心に影響を与える話の前にまず、心が身体に影響を与えることについて話します。つまり、人は感情によって行動や取る姿勢が変化すると言います。嬉しいと笑い、悲しいと泣くように、表情や行動だけでなく、心理は姿勢にも影響するそうです。

例えば、上が力強さを感じる人がとるポーズで、下が無力な人が多くとるポーズです。

mini1399878829   

mini1399878872

力強さを感じる人は、手を大きく広げ、体を大きく見せようとします。逆に、自信がなく、無力な人は体が縮こまります。このように、人は心理に影響され、とるポーズを無意識に変えます。これは皆さんの日常生活からも想像しやすいのではないでしょうか。

ここまでが、心→身体 の影響のお話です。

身体→心 の影響

続いて彼女は、身体が心に影響を与えることもあると話します。身近な例だと、人は楽しいと感じると笑いますが、割り箸を口に挟んで無理に笑顔を作っても楽しい気持ちになったりしますね。つまり、彼女は身体と心の関係は双方向だと主張します。

彼女はこれを実験で証明しました。

彼女は研究室の人を集め、力強いポーズをとるグループと、弱いポーズをとるグループに分けました。すると、2分間ポーズをとっただけで、支配のホルモンが、力のポーズをとった人たちは20%上昇し、力の弱いポーズをとった人たちは10%減少ました。

またストレスのホルモンは、力のポーズをとった人たちが25%減少し、

力の弱いポーズをとった人たちが15%増加しました。

つまり、2分間のポーズがホルモンの変化をもたらし、脳の状態を変えたのです。これは身体が心に影響を与えることを科学的に示していますね。

力強いポーズを取ることで、断定的で自信を持ち、落ち着いた状態に持って行くことが出来るのです。

面接で堂々と振る舞うために

彼女は、この研究は面接にも応用できると言います。面接前に手帳を開いたり、ケータイをいじると自然と体が縮こまってしまいますね。これだと、面接に臨む心も縮こまってしまいます。

そこで彼女は、面接前にこのような姿勢を取ることを提案します。

mini1399879057

このように、力強いポーズを取ることで、心を力強く自信をもった状態に持っていくことが出来ます。

もちろんこれは「面接待機所」でやるものではありません。こんなことをしていたら面接を受けさせてもらえない可能性が大です。トイレなどで人に見られないようにポーズを取りましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

このように、姿勢を少し変えるだけで人の心理は大きく変わります。上では面接を例に取りましたが、プレゼン前など他の場面にもいくらでも応用が出来ると思います。

誰にでも簡単にできるこの方法は、人の心理を変え、その心理の変化は結果的に人生も大きく変える可能性があります。たった2分で人生を変える方法、ぜひ皆さんも実践してみてください。

また、プレゼンテーション動画もとても素敵なので、ぜひ御覧ください。

こちらです。

http://www.ted.com/talks/amy_cuddy_your_body_language_shapes_who_you_are?language=ja