サウンドコンサルタントの語る、人を惹きつける話し方【TED】


サウンドコンサルタントの語る、人を惹きつける話し方【TED】

サウンドコンサルタントの語る、人を惹きつける話し方【TED】

出典 www.juliantreasure.com

一生懸命プレゼンや説明をしているのに、相手に上手く伝えられない。相手がしっかり聞いてくれない。このような悩みを抱えている方に、今回はサウンドコンサルタントのジュリアン・トレジャー氏のプレゼンテーションをご紹介します。

彼は、前半に「話者がしてはならない7つのこと」について、後半に「相手にしっかり伝えるために意識すべき6つのポイント」について話します。前半は主に人としてのあり方という面からの話で、後半は声の観点からの話をするテクニックです。

文字だと伝わり部分が多いので、後半の話すテクニックなどは、ぜひ実際の動画を見ながら勉強してみてください。このようなレクチャーを出来る彼のプレゼンテーションは、やはりとてもわかりやすく、観ていて楽しいです。

話者がしてはならない7つのこと

ここで彼が挙げる7つのことは

「うわさ話」「批評」「ネガティブになること」「不平」「言い訳」「脚色・誇張」「独善的になり事実と意見を混同すること」です。

これらの7つは、「正直さ(honesty)」「素直さ(authenticity)「誠実さ(integrity)」「愛(love)」という4つの礎を基に考えられたもので、彼は4つの頭文字を並べ、HAILと表現しています。

話を伝える6つのテクニック

後半で彼が話す、話を上手く伝えるための6つのテクニックは、

「声域」「声色」「韻律」「ペース」「音高(ピッチ)」「声量」 の6つです。これらを操ることにより、プロポーズや交渉事などでの相手への伝わり方を変えることが出来るといいます。文字だと伝わらない部分が多いので、ぜひ下の動画をご覧になってみてください。

まとめ

このプレゼンテーションは、2014年公開のTED日本語閲覧数1位を獲得したものです。日本人がいかに「話すこと」に対して苦手意識を持っていたり、上手くなりたいと思っているかがよくわかりますね。これらは一朝一夕で身につくものではありませんが、このプレゼンテーションを参考にして、明日から話し上手になるための階段を上がっていきましょう。

実際の動画はこちらです。