【知らないとトラブルのもと?】 退職願と退職届の違いとは


 退職願と退職届の違いとは

images

転職や結婚、起業など、理由は様々ですが、退職時には必ず提出しなければならないのが退職願ですね。ただ、退職の意思表示をする書類は、退職届や辞表も含め、3種類存在します。

一見同じような書類に思われますが、これらの違いを知っておかないと思わぬトラブルを招いてしまいます。今回はその違いについて説明したいと思います。

退職願と退職届の違い

退職願とは、読んで字のごとく「◯月◯日に退職したいと思います」というように、退職を願い出る書類です。したがって、会社が受諾する前であれば、自分の意志が変わった場合、撤回することが出来るのが特徴です。ただし、会社が受諾してしまうと、撤回できなくなってしまうので、注意しましょう。

それに対して退職届とは、「◯月◯日に退職いたします」という書類なので、会社が受諾しようがしまいが、撤回することはできません

この「撤回できるかできないか」が、退職願と退職届の大きな違いなので、覚えておいて下さい。

どちらを出せば良いのか

では、退職願と退職届のどちらを出せばよいのでしょうか?

一般的には、自分の都合で辞める場合は退職願を上司に出します。上司に退職したいという意思を伝え、社内の手続きを経て承認してもらい、退職するのが円満退職の秘訣です。

また、「辞表」を提出するシーンがドラマや映画などでよく見られますが、辞表という言葉で提出するのは取締役や、会社運営に関わる重役のみです。一般的なビジネスマンが提出する書類ではないので、こちらも注意して下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

たった一文字の違いでも、退職願と退職届には大きな違いがあります。円満に退職するためにも、二つの違いをしっかりと覚えておきましょう。