【就活生に圧倒的人気!】総合商社の事業内容、説明できますか?


【就活生に圧倒的人気!】総合商社の事業内容、説明できますか?

SONY DSC

SONY DSC

就活生の間で毎年圧倒的人気を誇る「総合商社」。高給取り、グローバル、モテるなど、様々なイメージが持たれていますが、イメージが専攻していて、「総合商社って何やってるの?」と聞かれた時に総合商社の事業内容を完璧に説明できる学生は少ないのではないでしょうか?今回は、そんな総合商社の事業内容についてご紹介します。

なぜ総合商社の仕事はわかりづらいのか?

56206868_9ea35e3694_b

総合商社の事業内容がわかりづらいのは、総合商社の事業が時代とともに変遷を遂げてきたことによります。総合商社の伝統的な事業は、海外の資源や商品を日本に輸入し、日本の商品を海外諸国に届けるというトレーディングでした。このトレーディングによって、高度経済成長期の日本の貿易を支えていたのが総合商社です。

しかしその後、各種メーカーが商社を通すのではなく直接販路を築き自分たちで輸出を行ったり、商社に対する口銭率を引き下げたりしたため、商社を取り巻く状況が厳しくなりました。これがいわゆる「商社冬の時代」です。

この、伝統的な事業が厳しくなった時にしっかりと時代の流れを読んで新たな事業を起こしたのが総合商社のすごいところです。この「商社冬の時代」以降、総合商社は国内外の様々な事業に投資をし、商品の生産と流通プロセスの主体者に自らを変化させました。ただ、トレーディングがなくなったわけではなく、これも継続して事業として行われています。

つまり、「トレーディング」と「事業投資」という2本の大きな柱となる事業を、エネルギーや機械、IT、食品など様々なドメインで展開しているため、何をしているのかわかりづらくなってしまっているんですね。

トレーディングとは?

ここまでで、総合商社の歴史から、なぜ総合商社の事業がわかりづらいのかを解説してきましたが、ここではひとつ目の事業の柱である「トレーディング」について詳述したいと思います。トレーディングとは、総合商社の伝統的かつ基本のビジネスモデルであり、国内外の売手と買手の間で貿易の仲介機能を果たすビジネスです。総合商社は、自分たちの持つ圧倒的な情報量、物流、金融、保健機能やこれまでのノウハウを強みとして、様々な取引に携わっています。

例えば、ある国の車メーカーが○○の機能を持った鉄を欲しがっているという情報を得ると、商社は自分たちのネットワークをフルに活かし、それに合った鉄を生産している製鉄会社と結びつけ、両者の需要と共有を満たす仲介役を果たし、手数料を受け取ります。これが商社のビジネスの基本、「トレーディング」です。

事業投資とは?

商社のビジネスの二本目の柱は「事業投資」です。一般に事業投資と聞くと、あるビジネスにお金を投資し、その配当を受け取るという形態をイメージしがちですが、総合商社の事業投資はお金を投資するだけではありません。商社の持つ人材や情報、これまで培ってきた経営ノウハウなどの経営資源を投資し、事業経営をサポートすることで出資先企業の企業価値及び、自社の価値の向上を目指すものです。

新たなビジネスに投資すると聞くとベンチャーキャピタルなどと何が違うのかと思う方もいると思いますが、お金以外にも経営のために資源を総合的に投資するのが総合商社の特徴です。

総合商社は人が命

business-idea-647205_640

総合商社は、工場や具体的な製品を持っている訳ではありません。もちろん、これまで培ってきたノウハウや情報は持っていますが、それらを活用し、新たな価値を創造するのは総合商社の「人」に他なりません。トレーディングでも、二つの企業の主張をしっかりと聞き、そのベストな交渉の終着点を探っていくのもやはり「人」であるので、商社マンは論理的思考力はもちろん、交渉術や、人に好かれる性質など、様々な魅力を持ち合わせている必要があります。これが商社の何よりの財産は「人」であると言われる所以です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

総合商社の特徴は他の企業にはない事業領域の広さと、1人の人が提供する価値の大きさ、そして世界を舞台に働くというスケールの大きさです。興味を持った方は、ぜひOB訪問などで理解を深めていって下さいね。