【もう一度確認しよう!】履歴書の学歴の書き方とは


【もう一度確認しよう!】履歴書の学歴の書き方とは

74907741_c2d59deb64

履歴書を書く際に、必ず書かなければならない、「学歴」。新卒採用時にも書いた人がほとんどだと思いますが、転職活動をする前に、今一度、書き方の復習をしておきましょう。

今回は履歴書の学歴の書き方のポイントをご紹介します。

「ここから学歴を記載すること」を明確にする

履歴書の【学歴・職歴】欄の一行目から、年次や具体的な学歴を書き出すのはNGです。まずは一行目に「学歴」と書き、二行目から具体的な学歴を書いていきましょう。その際、一行目の「学歴」は目立つように中央揃えで書きます。

中途採用の場合は高校から書けばOK

新卒採用の時は、中学校の時から書くことが多かったかもしれませんが、中途採用の場合は高校入学から書けば十分です。この時、学校名を省略したり、高等学校を高校と短縮して書いたりしないように注意しましょう。また、入学・卒業の学校名が同じだとしても「同上」などと省略してはなりません。

丁寧に書くことを心がけましょう。

学歴にブランクがある場合

浪人や留年などで学歴にブランクが存在する人もいると思いますが、ブランクが存在すること自体は気にする必要な全くありません。ただ、面接でその部分について突っ込まれることは予想されるので、ブランクの理由を説明できるようにはなっておきましょう。また、長期のブランクがある場合は、その理由を履歴書に記入しておいても良いと思います。

アピールできる部分はしっかりとアピールする

応募した職種や、研究分野などに繋がる専攻や卒業研究などを行なった経験があるならば、それも合わせて記入しましょう。企業へのアピールになりますし、面接で面接官が興味を持って質問してくれるかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

簡単な部分に思われがちですが、意外と気にすることは多いのが【学歴】の欄です。今回ご紹介したポイントを意識して、良い履歴書を書いていきましょう。