【意外と注意点が多い!?】履歴書における職歴の書き方ポイント


【意外と注意点が多い!?】履歴書における職歴の書き方ポイント

man-257884_640

履歴書における【学歴・職歴】欄。以前の記事で学歴の書き方のポイントをご紹介しましたが、職歴は学歴より複雑な場合が多いので、書く時に困ってしまう人も多いのではないでしょうか?

中途採用においては、企業は基本的に即戦力を求めているので、職歴の書き方はあなたがどんな業務を行ってきて、何を出来るのかをアピールする大きなチャンスです。したがって、職歴欄は、転職活動において非常に重要になってきます。

今回は、履歴書における職歴の書き方をご紹介します。

学歴の後に1行空けてから書く

職歴の上には学歴を書いていると思いますが、その下からいきなり職歴を書き始めるのは、スペースがギリギリである場合以外はNGです。学歴の最終行から一行開けて、「職歴」と中央揃えで書きましょう。

時系列で正式名称を書く

学歴と同様に、職歴も時系列で書きましょう。会社名は略さず正式名称で書き、会社名だけでは事業内容がわからない場合は、括弧をつけて簡単に事業内容を説明してください。その際、会社の規模感が伝わるように従業員数なども書いておきましょう。

担当した業務を記入する

企業名と合わせて、自分の就いていた役職や、どんな職務を担当していたかを書きましょう。今回応募している職種に関連がある場合は、その部分を強調しておくことで、アピールにもなります。

退職理由

履歴書では、詳しい退職理由を書く必要はありません。一身上の都合により退職か、会社都合により退職で十分です。

最後は「現在に至る」と「以上」で締める

在職中でも、既に退職していても、「現在に至る」は書いておきましょう。また、そこまで書き終わったら、職歴の最後の行の一つ下に、「以上」と書き、ここまでで職歴は終了ですということを相手に告げましょう。その際、右側に寄せて書くことを忘れずに。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

履歴書はあなたが最初に企業に対して出来るアピールポイントです。今回ご紹介した点に注意して、良い履歴書を作成しましょう。

皆さんの転職活動の成功を願っています。

nwt_bnr

Android版はこちらです