【質問の意図を理解しよう】面接で「尊敬する人」を質問された時の答え方


面接で「尊敬する人」を質問された時の答え方

081108-N-5549O-035

あなたの尊敬する人は誰ですか?」という質問は、面接でよく聞かれる質問項目の一つです。あまり難しい質問には思われないかもしれませんが、しっかりと考えておかないと、面接官の意図を汲んだ答えができません。

今回は、この質問で面接官が知りたいことと、答え方のポイントをご紹介します。

面接官は何を知りたいのか

images

面接で聞かれる質問の裏には、面接官が知りたいポイントが必ず存在します。例えば、長所を聞く時は、その長所を働いた時にどのように活かせるのか、逆に短所を聞く時は、正直に自分と向き合える人であるか、また短所を克服しようとする向上心があるかどうかを、答えを通して知りたいのです。

そして、「尊敬する人は誰ですか?」という質問を通して面接官が知りたいことは、「その人の価値観」です。尊敬する人そのものを知りたいわけではありません。

なぜその人のことを尊敬しているのか、そしてその人が生き方や考え方にどのような影響を与えたのかを、面接官は「尊敬する人は誰ですか?」という質問を通して知ろうとしています。このことをまずは覚えておきましょう。

答え方の3つのポイント

pay-100337_640

では、「尊敬する人は誰ですか?」という質問にはどのように答えるべきなのでしょうか?3つのポイントをお伝えします。

1.  自分の考えや価値観に影響を与えた人物を話す

一番のポイントは、自分の考えや価値観に影響を与えた人物を答えることです。有名かどうかは大きな問題ではありません。その人のどのような部分を尊敬していて、自分にどのような影響を与えたかを話しましょう。

また、その与えられた影響から自身がとった行動なども絡めて話せると尚良いです。このように伝えることで、面接官にあなたの価値観や考え方、そしてそれに基づいてどのようなアクションを起こせるのかを伝えることが出来ます。

2.  相手にイメージが伝わるように話す

面接官にいくら熱心に話しても、相手にその人物のことが伝わらないと、自分の価値観を伝えることは出来ません。誰もが知っている有名人なら良いですが、自分の身近な人や、少しマイナーな人物を挙げる場合は、その人がどのような人物で、何をした人なのかを簡単に伝えましょう。こうすることで、自分に与えた影響などを面接官は理解しやすくなります。

3.  心から尊敬する人を正直に答える

当たり前ですが、心から尊敬する人を正直に答えましょう。たまたま前日に観た番組に取り上げられていた偉人をぽっと言っても、その人の事を詳しく知っているわけではありませんし、ましてや自分に与えた影響など話せるわけがありません。

価値観や考え方というのは、その人を形成する非常に重要な要素なので、答え方によっては面接官から深堀りされたり、突っ込まれる可能性も大いにあります。自信を持って答えられるように、心から尊敬する人を正直に答えるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「尊敬する人は誰か」という質問に限らず、面接において大切なのは、相手の意図をつかむことです。そうすれば自ずとどのような答え方をすれば良いかがわかってくると思います。

この質問は、突然聞かれてパッと答えられるものではないので、自己分析の時に是非考えておきましょう。

皆さんの就職活動の成功を願っています。