「好きを仕事に」は危険?キャリアチェンジを成功させるためのポイント5つ


キャリアチェンジを成功させるためのポイント5つ

キャリアチェンジを成功させるためのポイント5つ

転職活動を行うにあたって、「今までと全く違う仕事をしてみたい」と考える人もいるでしょう。実際、求人で「未経験者歓迎」と謳っている企業も数多くあり、そのチャレンジ自体は非現実的な話ではありません。

しかし、異業種・異職種からの転職は、経験者の転職と比べて難易度が高いこともまた事実。企業側の思いを汲み取り、的確なアプローチができなければ、なかなか上手くいきません。そこで今回は、キャリアチェンジを希望する際に気をつけておきたい5つポイントについてご紹介しましょう。

1.「やりたいこと」を明確にする

①

これまでに歩んできた畑とはまったく違う業界で未経験職種を希望する際は、「なぜその仕事をやりたいのか」という理由を履歴書や面接で分かりやすく示す必要があります。この「なぜ?」の部分のアピールが弱いと、志望動機としてのインパクトに欠け、なかなか企業側に興味を持ってもらえません。それどころか、「前職に向いてなかったのでは?」「仕事が上手くいかなくて、逃げ出したのかも…」などと、マイナスのイメージを持たれてしまう可能性もあります。

志望動機のインパクトを強めるためには、この「なぜ?」に答えられるストーリーをつくるのがオススメです。その業界や職種に興味をもった理由やキッカケを、これまでの自分の経験と絡めながらアピールしましょう。希望する職種と前職に全く接点がない場合は、学生時代までさかのぼって考えても構いません。

2.「好きを仕事にしたい」は要注意

②

たとえば「旅行が好きだから、旅行業界を志望しました」などという、新卒の就職活動でありがちな「好きを仕事に」アピールは、転職活動においてはそこまで有効とは言えません。たとえ趣味が旅行でも、その人が旅行業界の仕事に向いているとは限らないからです。

また、そういうタイプは、現場に入ってから理想と現実のギャップを体験すると「思っていた環境と違う」とすぐに辞めてしまうかもしれないと、企業側に敬遠される可能性があります。「好きだから」というアピールだけで押し切るのは危険なのでやめておきましょう。

3.熱意は「受け身」ではなく「攻め」のアピールを

③

熱意は、使い方によっては、未経験職種を希望する人にとって最大の武器にもなります。将来を見据えて、「熱意のない経験者」よりも「熱意のある未経験者」を採用したいと考えている企業はかなり多いからです。

しかし、「御社で学ばせてもらいたい」「未経験だから教えてください」という受け身の姿勢では上手くいきません。学校と違い、会社は勉強しに行く場所ではないからです。未経験者であれば、不足している知識やスキルを積極的に吸収し、「1日も早く企業に貢献したい」という攻めのアピールが大切になります。

たとえば、その業界や職種の知識をつけるために「◯◯という本を読んで勉強しています」「◯◯の資格取得に向けて勉強しています」などと独学で学ぶ姿勢があることを示せば、あなたの熱意は十分に伝わるでしょう。

4.前職との「共通点」を話す

④

前職と全く関係のない業種・職種にチャレンジする場合であっても、何か前職との共通点がないかを探しましょう。過去に培ったスキルや経験で、新しい仕事にも活かせることはきっとあるはずです。

たとえば、接客業から事務職へのキャリアチェンジを希望する場合、コミュニケーション能力は大きな武器となり得ます。周囲のサポートを行う事務の仕事にも、円滑なコミュニケーションが必要になるからです。

このように、一見共通点がなさそうに見えても前職の経験を活かせるポイントを見つけてアピールすれば、未経験者でも採用されやすくなります。

5.前職でどんな成果を出せたかアピールする

⑤

どんな職種であれ、仕事は結果が大切です。「職種が違うから関係ない」とは思わずに、前職でどんなことに取り組み、どんな成果が出せたのかを具体的にしっかり伝えましょう。そうすることによって、どんな仕事においても成果を出せる人間であることをアピールできますし、結果にこだわる姿勢も高く評価されます。

さらに、転職を希望する企業の特徴やそこで求められる人材の特徴を踏まえた上で、異業種・異職種からの転職者だからこそ貢献できるポイントを語れると、より採用確率はアップするでしょう。

おわりに

おわりに

Photo by Flazingo Photos

「未経験歓迎と書いてあったので応募しました」と言うだけで採用されるほど、世の中は甘くありません。異業種・異職種からの転職希望者ほど、「なぜ志望したのか」「企業にどう貢献できるのか」という話が求められます。

今後キャリアチェンジを考えている人は、ぜひそうした視点を持って、しっかりとまず自己分析を行いましょう。今回の内容が、あなたの転職成功の一助になれば幸いです。