たった15分で仕事の効率大幅アップ!効果的な仮眠の取り方とは


たった15分で仕事の効率大幅アップ!効果的な仮眠の取り方とは

たった15分で仕事の効率大幅アップ!効果的な仮眠の取り方とは

「眠くて頭が働かない」「ウトウトしてしまい、何でもないところでミスをしてしまう」 こういった悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

毎日ハードに働いていると、仕事中に眠くなってしまうのは仕方のないことです。特に、食後は食べた物の消化に神経が使われるので、うとうとしがちな時間ですね。

そんな悩みを解決するのが「仮眠」です。眠い時は思い切って寝てしまった方が頭がスッキリし、結果的に効率も上がります。ただし、仮眠は間違った方法でとってしまうと逆効果になり、生産性を落としてしまいます

今回は、効果的な仮眠の取り方をご紹介します。

1. 時間

あれから・・・

仮眠は、15~20分の間で取るのが最も効果的だと言われています。30分以上仮眠してしまうと、脳が熟睡モードに入り、起きてもしばらくの間眠気が続いてしまうため、仮眠が逆効果になってしまいます。

携帯のアラームをセットしたり、近くにいる人に「20分後に起こして」などと頼むことで、効果的な時間で仮眠を取るようにしましょう。

2. 姿勢

姿勢

仮眠をとる姿勢も重要です。椅子に座り、もたれかかった状態で仮眠を取るのが一番良いでしょう。

机に突っ伏したり、横になると体は確かに楽になるのですが、またしても脳がおやすみモードに入り、起きてからも眠気が続いてしまいます。

仕事の途中の仮眠は、体の疲れを取るのが目的ではなく、脳をリフレッシュすることが目的です。本来の目的を見失わず、椅子のもたれかかった状態で仮眠を取りましょう。

3. 目の覚まし方

カフェ

効果的な時間、効果的な姿勢で仮眠を取っても、やはり寝起きは眠いものです。そういう時は、多少無理矢理にでも脳を目覚めさせましょう。方法は様々ありますが、顔を洗ったり、軽くストレッチをしたり、太陽の光を浴びるのが良いです。

また、コーヒーを仮眠をとる前に飲むのも効果的です。カフェインは摂取の20〜30分後に効いてくると言われているので、仮眠の前に飲むと目覚めるタイミングにちょうど良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

仕事の効率が上がらない時は、無理に頑張るのではなく思い切って仮眠をとってしまうほうがトータルでの生産性は上がります。最近では、仮眠を推奨する企業も出てきているそうです。皆さんが正しい方法で短時間でリフレッシュすることにより、メリハリをつけて仕事に取り組めることを願っています。