面白いだけじゃない!「ためになる」テレ東の4つのビジネス番組


「ためになる」テレ東の4つのビジネス番組

「ためになる」テレ東の4つのビジネス番組

「YOUは何しに日本へ?」や「逆向き列車」といったエッジの利いた番組や、 「TVチャンピオン」のような素人の才能を発掘する番組などを放映するテレビ東京。このように「純粋に観ていて面白い」番組の多いテレビ局のイメージが強いかも知れませんが、テレビ東京のビジネス番組は、実は非常にためになります。

今回は、ビジネスマンのためになるテレ東の番組4つをまとめてみました。

1. ワールドビジネスサテライト

tImg_about

出典 http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/cast/

ワールドビジネスサテライトは、ビジネスマン向けの、経済ニュースに特化した報道番組です。特徴は、マクロな経済問題から身近な話題、たとえばショップや新商品にいたるまで、経済に関するテーマやニュースを幅広くとらえている点です。

また、政治や社会問題など、他の番組でも取り上げるような項目を取り上げるにしても、少し違った切り口から捉えており、他のニュースなどと比較できるのも面白いです。

放映日 : 月曜〜金曜  23:00〜23:58

2. 日系スペシャル ガイアの夜明け

スクリーンショット 2015-01-31 17.07.20

出典 http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/

「ガイアの夜明け」は経済の現場で奮闘している人たちを通して、様々な経済ニュースの裏側に迫っていく、経済ドキュメンタリー番組です。「ガイア」とはギリシア神話に登場する大地の女神を意味し、のちにノーベル賞作家のウイリアム・ゴールディングが地球を指してガイアと呼んだことから「ガイア=地球」という解釈が定着しています。

この番組では日本と海外の経済動向やビジネス事情にスポットをあて、復活にかける人々を多様な観点からさぐり、「ガイアの夜明け」にむかって闘い続ける人々の姿をえがいています。また、大企業ばかりでなく中小企業や地方自治体、あるいは個人にいたるまでスポットをあてているのも特徴です。

放映日 : 毎週火曜 22:00〜22:54

3. 日系スペシャル カンブリア宮殿

20130330

出典 http://i-yasai.com/news/20130330.html

「カンブリア宮殿」は、日本の経済を支える経営者や現代の業界で偉業を成し遂げた偉人や政財界人を毎回1名(内容により複数)スタジオに招き、観客を前に、ホストの村上龍、アシスタントを務める女優・タレントの小池栄子との対談を繰り広げる、トーク・ライブ・ショーです。トーク・ライブ・ショーと言えど、登場する偉人や偉業について動画でわかりやすく紹介しているため、内容がスッと入ってきます。また、最後に村上龍が書く編集後記の切り口が新鮮で、とても興味深いです。

ちなみに、「カンブリア」とは、進化により突如一斉に多様な携帯の生物が登場し、将来への模索が行われた「カンブリア爆発」の起きた、カンブリア紀のことです。多様な経済人が誕生し、未来への道を模索する現代の日本を、未来への進化が爆発的に起こったカンブリア紀に準えています。

放映日 : 毎週木曜 22:00〜22:54

4. 日系スペシャル 未来世紀ジパング〜沸騰現場の経済学〜

スクリーンショット 2015-01-31 17.10.12

出典 http://www.tv-tokyo.co.jp/zipangu/about/

「世界の沸騰現場から、ニッポンの未来が見えてくる!」をコンセプトに、取材班が世界のニュース現場、知られざる親日国、これから注目すべき国、などを駆け巡ります。そして、「世界からニッポンを見る」ことで、日本で暮らしていると気づかないような日本の姿や魅力、可能性を見つけ出そうとする番組です。

この番組は、沸騰現場から”世界の今”を見つめる番組ではありません。タイトルの通り、未来世紀ジパングは、いま“沸騰する”経済の現場を直撃取材する映像と、 その背景、未来への影響の分かりやすいスタジオ解説で、「明日はこうなる」と読み切る『経済“予測”番組』です。

目まぐるしく変化する社会で必要な「物事の本質を捉え、先を読む目」を身につけるには最適な番組です。

放映日 : 毎週月曜 22:00〜22:54

まとめ

いかがでしたでしょうか?

スマホでの情報収集が主になってきた現代、「今さらテレビなんて」と言う方もいるかもしれませんが、やはり一つのトピックを取り上げた時に、テレビは他とは比べられないほどのコンテンツを提供してくれます。これらの番組は、仕事から帰って来て観るにはもってこいの時間に放映されています。最近テレビから離れている方も、力を抜いて気軽な気持ちで観てみると良いのではないでしょうか。