少しでも有意義に!「混みすぎている満員電車」で出来る4つのこと


少しでも有意義に!「混みすぎている満員電車」で出来る4つのこと

少しでも有意義に!「混みすぎている満員電車」で出来る4つのこと

サラリーマンの多くが通勤で活用する「電車」。あまり混んでいない電車に乗っている方は良いですが、毎日満員電車に乗る方は、その混雑にうんざりしているのではないでしょうか。

「通勤電車の時間を有効活用する方法」は、多くの記事や本で書かれていますね。そこでは、読書やスマホでの情報収集をしましょう!と書かれているかと思います。

しかし、「本を広げたりスマホをいじるほどスペースがない!」という混雑具合の満員電車に乗っている方も相当数いるのではないでしょうか?それこそ、手を動かすことさえ憚られるくらいの電車です。

今回はそんな、「混みすぎている満員電車」でできることをまとめました。

1. 耳から情報を仕入れる

iyahon

いくら混んでいても、イヤホンさえ付けることができれば、耳から情報を仕入れることはできますね。電車に乗ってから付けるのが困難な場合は、乗る前に予め付けておきましょう。

最近では、ニュース音声は勿論、英語のPodcast、また本の朗読など、様々なものが音として届けており、耳からでも十分な学習をすることができますね。

また、目と耳では脳の使う部分が異なり、交互に使うことで脳が活性化するとも言われています。日頃、目で情報収集することが多い現代だからこそ、チャンスだと思い、耳から様々な情報を取り入れてみましょう。

2. 仕事の振り返りをする

Young_Woman_Thinking

こちらは、イヤホンすら使う必要はありませんね。最近の仕事への取り組み方について、振り返りをしてみるのはいかがでしょうか? 最近の仕事への取り組み方や、社内での人間関係、「もう一度あの仕事をするならどうやるだろうか?」など、考えたいことは山ほどある人も多いでしょう。職場に着くとデスクワークに追われてしまい、中々まとまって考える時間が取れない事柄について、考えてみるのはいかがでしょうか?

3. ボーっとし、クリエイティブな時間にする

こちらも「考える」という点では2. の「仕事の振り返り」と近いですが、あえてあまり深く考えこまず、ボーっとアイデアを浮かべる時間にするのもよいでしょう。最近の研究では、外的な刺激が多いほうがアイデアが浮かびやすいという結果も出ています。アイデアはデスクなどでうんうん考え込んでいても中々浮かびづらく、意外な瞬間に浮かんでくるものです。力まずに、アイデアを電車の中でボーっと考えるのもよいでしょう。

4. エクササイズを行う

podiatry-309045_640

忙しさに追われ、運動する機会が少ないサラリーマンの方は、電車の時間を利用して簡単なエクササイズをするのはいかがでしょうか?やり方は極めて簡単。普段ペタンとついている足をつま先立ちにするだけです。ふくらはぎが少し張ってくるまで行ってみてください(周りに迷惑をかけないよう、くれぐれも気をつけましょう)。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

満員電車の時間は苦痛ですが、それでも意外と出来る事はありますね。

どうせ乗らなければならないのなら、少しでも自分のために有効活用してみるのはいかがでしょうか。 毎日の通勤時間が、少しでも「ためになる時間」になることを願っています。