【これで誰でも人脈が作れる!】OB訪問までの5ステップ


OB訪問までの5ステップ

YUY

もうすぐ就活も始まることだし、そろそろOB訪問とやらをしようと考えているあなた。OB訪問が重要視される所以は、就活の体験談や、実際の業務について内部の声を聞けるからです。それともう一つ、個人的にもっと大切なことがあると考えています。それは後ほど、また説明します。しかし、いざOB訪問をしようと思っても、たいして先輩もいないし、どうやってやれば良いか分かりませんよね?

そこで、OB訪問のはじめ方から訪問後のお礼の仕方までの流れを5つのステップで紹介します。

  1. OBを探す
  2. OB訪問の依頼メールを送る
  3. 事前に企業研究をし、質問を用意する
  4. OBに会うための礼儀を身につける
  5. OB訪問後、感謝の気持ちを伝える

1.OBを探す

「サークルもゼミも入っていないし、先輩なんていないよ。。。」という方のために、まずはOBの探し方を紹介します。

  • 大学のキャリアセンター(就職課)の名簿で探す
  • 企業HPのOB訪問サービスを利用する
  • 友人の先輩を紹介してもらう

キャリアセンターの名簿からOBを探すのが一般的なようですが、友人の先輩を紹介してもらうことができれば、共通の話題もありますし、事前にOBの方の情報が手に入りスムーズにOB訪問が行なえますね。

2.OB訪問の依頼メールを送る

OBが見つかったら依頼のメールを送りましょう。学生同士のやり取りではないので、失礼のないようにしなければなりません。以下を参考にしてください。

件名:OB訪問のお願い

○○株式会社 ○○部

○○様

突然のご連絡で失礼致します。○○大学の○○と申します。大学のキャリアセンターから、○○様の連絡先を紹介して頂きました。

大変お忙しい中、恐縮なのですが、是非、○○様にOB訪問をさせていただきたく、メールをさせていただきました。

○○業界を中心に企業研究をしており、貴社に大変興味を持っております。

そこで、是非、現場でご活躍されている○○様の話を伺いたく、ご連絡致しました。

突然のお願いで大変恐縮ですが、是非ご検討頂ければ幸いです。よろしくお願い致します。

————————————–

○○大学○○部○○学科 ○年

氏名

tel000-0000-000

e-mail0000@0000.jp

       00000@000.com

————————————–

ポイントは、会社のどこに興味があるかなどを簡潔に書くことです。その会社に対する自分ならではの想いを伝えると、より良いかも知れませんね。

3.事前に企業研究をし、質問を用意する

当日その場で質問を考えている様では、有意義な時間を過ごすこと出来ませんし、OBに失礼です。後で「これも聞いておけば良かった」なんてことにならないためにも、しっかりと質問を考えて臨むようにしましょう。また、OB訪問を有意義な時間にするためには、事前に企業研究を行なっておくのは1つのマナーです。

しかし、何も思いつかない方のために、質問のポイントを紹介します。

  • 競合と比較した○○会社の強み・弱み
  • 業界における将来性や課題
  • 社風

この他に、OBに自分の志望動機などを聞いてもらうなど、就活相談をしてみるのも良いですね。

4.OBに会うための礼儀を身につける

面接でも同じですが、初対面の場合は第一印象が鍵となります。社会人に会うわけですからマナーはしっかりと押さえておきたいですね。訪問時のポイントを見ていきましょう。

  • 時間を守る(約束の時間に終わるようにする)
  • 基本的にリクルートスーツを着用する
  • 名刺交換の際には、両手で「頂戴します」と言って丁寧に受け取る(詳しくはこちらを参考にしてください)
  • 相づちを打ちながな重要な言葉をメモする

「約束の時間以内に終らせる」ことが意外と出来ていない就活生が多いようです。OBに好感を持ってもらうことを意識して臨みたいですね。

5.OB訪問後、感謝の気持ちを伝える

OB訪問の後には必ず感謝の気持ちを伝えましょう。OBはあなたのために時間を割いて協力したわけですから、決してお礼を忘れてはいけません。しかし、いざお礼のメールをしようと思っても、何と送ればよいか分かりませんよね?

安心してください!良い例文、ありますよ。以下を参考にしてください。

○○株式会社 ○○部

○○様

本日はお忙しい中OB訪問をさせていただき、誠にありがとうございました。

○○大学の○○です。

○○様とお話させていただいたおかげで、非常に充実した時間を過ごすことができました。

御社の仕事内容の理解が深まり、入社後、自分自身が働いているイメージがより明確にできるようになりました。

お話させていただいた中で、特に以下の◯つの事柄が非常に勉強になりました。

◯点目が、○○です。

◯点目が、○○です。

ただ、改めて、まだまだ不勉強だと感じましたので、自分でさらに深く勉強を進めていこうと思います。今後、○○様から聞かせていただいた貴重なお話をもとに貴社の志望動機を改善していきたいと思います。

○○様とお話をしたことで、今まで以上に貴社に興味が深まりました。

もし可能でしたら、貴社で○○の提供を行っている○○の社員様を紹介していただけませんでしょうか?

お忙しいところ、大変申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

まだ、至らない点が多数あるかと思いますが、今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

————————————–

○○大学○○部○○学科 ○年

氏名

tel000-0000-000

e-mail0000@0000.jp

       00000@000.com

————————————–

これで、双方が気持ちよくOB訪問を終えることが出来るでしょう。

感謝を相手に伝えることは当たり前ですが、分かっていても先延ばしになったりと、なかなかできませんよね。しかし社会人になれば、学生のときよりお礼を伝える場面が多くなるかと思います。今から身につけておいても損はないはずです。また、お礼のメールと一緒に別の社員の方を紹介してもらうようお願いできたらベスト!

まとめ

いかがでしょうか。OB訪問は実際に社会人の方に会い、やり取りをするという面接の練習にもなる要素があるかと思います。また個人的には、OB訪問をやったということ自体が面接でのアピールポイントになってくると考えています。面接の場で「私は、御社の社員の方に◯回もOB訪問させていただきました!」と述べるだけで非常に志望度の高い学生だと思ってくれるはずです。とは言うもの初対面の人に会うのは緊張しますよね、臆することなく、まずはやってみることも大切です。