【30歳は昔の20歳ではありません】臨床心理学者メグ・ジェイ氏が伝える、20代がしておくべき3つのこと


【30歳は昔の20歳ではありません】臨床心理学者メグ・ジェイ氏が伝える、20代がしておくべき3つのこと

a917a1ee6e2d74e7fdd9a4ce86efef93e3802276_1600x1200

出典 http://www.ted.com/

科学の発展や働き方の変化により、結婚や出産、キャリアの決定など、以前は20代になされていた事柄が、近年は30代で行われるようになってきました。しかし、いくら20歳でやることが30歳でやられるようになっても、20歳と30歳は根本的に違うものであり、焦る必要が減ったとはいえ、20代を何も考えずに過ごすべきではないと臨床心理学者のメグ・ジェイ氏は語ります。

今回は、彼女がTEDでのスピーチで20代に伝えた、20代がするべき3つのことをご紹介します。

20代の重要性は今も昔も同じ

youth-570881_640

彼女は、20代というのは、今後の人生の方向を決める上で非常に重要な期間だと言います。

人生を決める80%の重大な決断や経験、アハ体験は35歳までに起こると言われていること。キャリアの最初の10年間が、その後稼ぐであろう生涯収入に指数関数的に影響すること。脳は20代のうちに成人期に向けて配線し直され、人生二回目にして最後の成長をすること。

これらの事実を挙げ、20代の重要性を強調し、20代でしておくべこ3つのことを伝えます。

20代でしておくべき3つのこと

pay-100337_640

1.  アイデンティティキャピタルを築く

一つ目は、アイデンティティキャピタルを築くことだと彼女は言います。これは、自身の価値を高めるようなことをするという意味であり、自分の将来の理想像に近づくために、自分への投資になる何か‐国際的な仕事やインターンシップ、起業など‐をするということです。人生に意味のない模索を漠然とするのではなく、何をしたら人生に意味がもたらされるかを考えて行動しましょうと彼女は伝えます。

2.  ゆるい繋がりを構築する

彼女は、今の交友の輪にとどまるのではなく、外側にゆるい繋がりを構築しましょうと言います。現代では、都会派の人々の生き方は過大評価されており、今ある繋がりの中だけでは、新しい物事や人との出会いは中々生まれないと言います。新しい仕事や素敵な出会いは、友達の友達の友達のような、ゆるい繋がりの人々からもたらされることが多いのです。20代のうちに、ゆるい繋がりをたくさん構築しておきましょう。

3.  家族を探す

彼女が20代に伝える3つ目のアドバイスは、家族を探すことです。現在は晩婚化が進んでおり、30代での結婚を良しとする風潮もありますが、大切ことは、20代のうちに、自分が誰とどのような将来を過ごすことを望むのかを意識して考えておくことだと言います。たまたま出会った人と漠然と時を過ごすのは辞めましょう。30歳で結婚したいと考えている人も、それまでに、自分がどのような人と一緒になりたいかを考えることを忘れずに行いましょう。素敵な人と出会ってから考えだすのでは遅いのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

日本でも、20代というのは非常に大きな決断を多くする年代であり、20代の人は悩みや迷いが尽きないと思います。

これらを解決するために、自分や周りと向き合うことはもちろん大切です。ただ、その他にも、数多くの20代と向き合ってきた心理学者である、メグ・ジェイ氏のアドバイスを、是非心の片隅に置いておいてください。

動画はこちらです。