世界を動かすコンサルティングファーム マッキンゼー出身経営者まとめ


世界を動かすコンサルティングファーム マッキンゼー出身経営者まとめ

世界を動かすコンサルティングファーム マッキンゼー出身経営者まとめ

世界には「マッキンゼー・マフィア」という異名を持つ人が2万7000人もいます。世界最大の戦略系コンサルティングファームであるマッキンゼー出身の人々であり、大企業の重役を務めたり、自ら事業を立ち上げたりしています。今回は、そんな日本のマッキンゼー出身の起業家をまとめてみました。

株式会社ビジネス・ブレークスルー 大前研一氏

omae3_500

出典  http://www.nikkeibp.co.jp/

経歴

東京工業大学大学院原子核工学科で修士号を取得した後、MITで博士号を取得。日立製作所に入社。

原子力開発部技師として勤務した後、1974年マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。同社ではディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を務める。1994年にマッキンゼーを退職し、1998年にビジネス・ブレークスルー設立。

2005年12月に東証マザーズ上場。

ビジネス・ブレークスルー

経営指導や人材育成教育を様々な講座・プログラムを通して企業・個人に対して提供し、真のプロフェッショナルなリーダーを育成する。2011年の時点で4万人以上の受講者数、1000以上の法人に対しプログラムを提供している。

株式会社DeNA 南場智子氏

p01lz7jx

出典 http://www.daidake.com

 経歴

津田塾大学を卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク・ジャパン入社。

2年の勤務の後、ハーバード大学でMBAを取得。その後マッキンゼーに復職し、数年の勤務を経、マッキンゼーで日本人女性としては歴代3番目となるパートナーに就任。

1999年、独立し、株式会社DeNAを設立。

2005年2月、東証マザーズ上場。

2007年12月、東証一部上場。

株式会社DeNA

創業当初はインターネットオークションサイト「ビッターズ」を展開し、Yahoo!オークションに次ぐ規模へ成長。その後、日本最大級のケータイオークションサイトとなる「モバオク」を開始。

2006年に携帯電話を対象としたゲームとSNSのサービスである「モバゲータウン」を提供し始め、約15ヶ月で登録会員数500万人を突破し、話題となる。

2011年には東京放送ホールディングスから球団株式の譲渡を受け、「横浜DeNAベイスターズ」が誕生。

Delight and Impact the World をスローガンに掲げ、事業領域にこだわることなく、次々と新規サービスを生み出し、グローバルNo.1のモバイルインターネットカンパニーを目指し、邁進する。

株式会社DeNA 川田 尚吾氏

kawada

出典 http://type.jp/

1996年、東京都立大学大学院博士課程を終了し、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。

1999年4月にマッキンゼー・アンド・カンパニーを退社し、南場智子氏とともに株式会社DeNAを立ち上げる。

エムスリー株式会社 谷村格氏

経歴

国際基督教大学卒業後、新卒でマッキンゼー・アンド・カンパニー入社。

1999年にパートナーに就任した後、クライアントであったソネットエンタテイメントと共同で、医療分野でのネット情報サービスを立案。

2000年にエムスリーを設立し、同社代表取締役兼CEO就任。

2004年9月東証マザーズ上場。

エムスリー株式会社

「インターネットを活用し、健康で楽しく長生きする人を一人でも増やし、不必要な医療コストを一円でも減らすこと」を目指し、様々な事業を展開。

医療従事者限定ポータルサイト「m3.com」や、製薬企業に向けたプロモーションコンサルティングサービス「m3MT」といった事業を手がける。

オイシックス株式会社 高島 宏平氏

takashima

出典 http://case.dreamgate.gr.jp/

経歴

東京大学大学院を卒業後、新卒でマッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。同社東京オフィスで、Eコマースグループに所属し、Eコマース実行の組織体制や、ベンチャー企業と大企業の共存によるEアライアンスの構築に取り組む。

2000年に同社を退社し、同年オイシックス株式会社設立。

2013年3月、東証マザーズ上場。

オイシックス株式会社

「豊かな食生活を、できるだけ多くの人に」を企業理念に掲げ、有機野菜、自然食品、オーガニックフーズ、無添加物食品など「体に良くておいしい食品」を宅配するサービスを手がける。オンラインのEC事業と、実際の店舗事業やオフィス向けのサラダデリバリーサービス(Salad Oisix forオフィス)などのその他事業に取り組む。

株式会社プロノバ 岡島悦子氏

okajima

出典 http://www.pronova.co.jp/

経歴

三菱商事、ハーバードMBA、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経、2002年、グロービス・グループの経営人材紹介サービス会社であるグロービス・マネジメント・バンク事業立上げに参画し、2005年より代表取締役。

2007年にプロノバを設立し、同社代表取締役に就任。

2014年よりアステラス製薬株式会社 社外取締役、株式会社丸井グループ 社外取締役。

株式会社プロノバ

「日本に”経営のプロ”を増やす」ことをミッションに、経営のプロが育つ場を創出し続けている。

成長ステージに合わせた経営チームを組成する「経営チーム診断/強化コンサルティングサービス」や、経営課題に合わせ「経営チーム合宿」や「外部招聘」など、様々なソリューションを提案する。

TABLE FOR TWO 木暮真久氏

kogure

出典 http://www.hitachi-c-m.com/

経歴

1995年に早稲田大学理工学部機械工学科卒業後、スインバン工科大学で工学修士号を取得し、1999年マッキンゼー・アンド・カンパニー入社。医療機器、製造業、製薬など、様々な業界のプロジェクトに従事。

2005年、同社を退社し、松竹株式会社に入社。経営企画部にて事業計画の策定や、新規事業開発に携わる。

2007年、経済学者ジェフリー・サックスとの出会いに感銘を受け、NPO法人TABLE FOR TWO internationalを設立し、代表理事に就任。

TABLE FOR TWO international

TABLE FOR TWOは直訳すると「二人の食卓」。先進国の人々と、開発途上国の子どもたちが、時間と空間を越え食事を分かち合うことをコンセプトとしている。対象となる定食や食品を購入すると、1食につき20円(途上国の給食一食分)の寄付金がTABLE FOR TWOを通じて開発途上国の子供の学校給食になるというプログラムを実施しており、社会起業家のロールモデルとしている人も多い。

株式会社ロコンド 田中裕輔氏

tanaka

出典 http://bb-relife.jp/

経歴

2003年一橋大学経済学部卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。26歳で同社史上最年少マネージャーに就任する。2009年、カリフォルニア大学バークレー校でMBAを取得し、米国にてNarrow Earth社を起業する。その後売却。DeNA Globalの製品・マーケティング担当上級副社長を経、2011年、靴の通販サイト「ロコンド」を運営する株式会社ジェイドの創業に参画。同年2月、代表取締役兼共同創業者に就任。

2012年8月に社名が株式会社ジェイドから株式会社ロコンドに変更。

株式会社ロコンド

日本一の「ほっこり」通販サイトを目指し、「買ってから選ぶ。」靴とファッションの通販サイト、ロコンドを運営する。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

コンサルティング業務を通じて、多くの経営者と接することが出来るコンサルティング企業は、経営のノウハウを学ぶには持ってこいの環境でしょう。今後も、マッキンゼー出身の起業家から目が離せませんね。