【最後の最後で差をつけよう!】就活面接時における逆質問の考え方


就活面接時における逆質問の考え方

転職面接における逆質問の考え方

面接でひと通りこちらの話が終わった後に、ほぼ必ずある「質問はありますか?」という問いかけ。これに対して、「特にありません。」と応えたり、インターネットで調べればすぐわかるような質問をするようでは、転職活動の成功は遠のいてしまいます。 逆質問の時間は、最後のアピールタイムだと思って臨みましょう。

今回は、自分をアピールするための逆質問の4つの考え方と、具体的な質問例をご紹介します。

これさえ意識すれば、逆質問で困るということはなくなるはずです。

1. 事業の今後の方向性を聞く質問

direction

1つ目は、「事業の今後の方向性を聞く質問」です。

これを尋ねることで、この人は、経営視点を持っている感じであるとか、物事を深く考えていそうだなという感じというスキル的な部分で評価アップが図れます。また、ただ面接受けにきたのではなく、本気でうちのことを考えている人だなという志望動機の高さという点でも評価が上がります。

ただ、この質問をするにはその企業のことは勿論、その企業が属する業界や、社会の動きなどもしっかりと把握しておく必要があります。中途半端なレベルだと逆効果になる場合もあるので、しっかりと考えていきましょう。

質問例

・ 〇〇事業に関して、今後、△△という問題があるように考えていたのですが、このへんはどのように対策を考えられているのですか?

2. やる気をアピールするための質問

2つ目は、「やる気をアピールするための質問」です。 やる気をアピールするためには、具体的な仕事内容を聞くのが良いですね。実際に自分がこの会社に入った姿をイメージして、具体的にどのような業務を、どのような人たちと行うのかについて質問しましょう。

また、入社後に備えてどのような資格をとっておくと良いかや、今からできる準備はあるかといった質問もやる気をアピールできます。ただ、あまり先走ると悪印象を与えてしまう可能性もあるので、それが不安なら「もし採用いただいたら・・・」などの前置きをすると良いです。

質問例

・ 具体的な一日の業務の流れがどのようなものか教えていただけませんでしょうか?

・ 志望している部署の仕事について、詳しく教えてください。

・配属先部署の人数や、社員の構成を教えてください。

・入社までにさらに勉強をしておくことがあれば教えてください。

・実際に社員の方にお会いしてお話しを伺う機会をいただくことは可能でしょうか?

3. 長所をアピールするための質問

fist-24468_640

3つ目は「長所をアピールするための質問」です。ここまでのやりとりで伝えられなかった長所絡めた質問をできると、面接官は強い印象を受けます。ただ、ここで注意しないといけないのは、あくまで謙虚な姿勢で質問することです。自分の実績を自慢するだけで、質問との関連が弱いと、面接官に逆に悪印象を与えてしまいます。

質問例

・ ぜひ○○の経験(資格)を活かしたいと考えているのですが、何かお役に立てられる業務はございますか?

・ 体育会出身で、体力には自信があるのですが、勤務時間について教えてください。

・ 御社で活躍するために、私のこれまでのキャリアやスキルで足りないものを教えて頂けますか?

4. 自分と会社の相性を見るための質問

ダウンロード

4つ目は「自分と会社の相性を見るための質問」です。

面接は、面接官が選ぶ場であると同時に、あなたが会社を選ぶ場所でもあります。結局相性が合わずに転職をすると、あなたも会社も不幸になってしまうので、労働条件などで聞いておきたいことはここで聞いておきましょう。

ただ、採用が決まっていない段階で条件についてたくさんの質問をすると、面接官の心象を悪くしてしまうおそれがあるので、その聞き方には注意しましょう。

質問例

・ 教育・研修制度はどのようなものがありますでしょうか?皆様のご利用状況はいかがでしょうか?

・ 勤務地に関して希望を出すことは可能ですか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

逆質問をただの質問タイムと捉えるか、最後のアピール場だと捉えるかで、就職活動は大きく変わると言っても過言ではありません。この4つの考え方を意識して、自分も会社も幸せになる転職ができるように、逆質問を考えてみてください。この記事が、就職活動する皆さんの一助になれば幸いです。