【本当にやりたいことを仕事にしよう】自己分析はなぜ必要か?


【本当にやりたいことを仕事にしよう】自己分析はなぜ必要か?

2580085025_222a08fec8_o

就職活動や転職活動において、ほぼ必ずやろうと言われる「自己分析」。主に、過去の自分を洗い出して、本当に自分が興味関心のあるものは何か、どういう価値観を持っているのかを知るためにするものと言われています。

しかし、この自己分析、そんなに簡単なものではありません。簡単なものではないからこそ、自己分析の必要性がわかっていないと、最後までやり通すのは困難です。

そこで今回は、自己分析はなぜする必要があるのかをお伝えします。

自己分析とは

ダウンロード (1)

自己分析とは、自分自身を理解することです。自分のことなんて自分が一番わかってるという人もいるかもしれませんが、「あなたが一番大切にしている価値観は何ですか?」や「あなたが興味・関心のあることは何ですか?」と問われた時に、しっかりと理由もつけて答えられますか?

そのような価値観や興味関心というのは、人生の表面的な出来事ではなく、その出来事の奥底にあるものから形成されることが多いです。自己分析とは、過去を振り返り、その時々に感じていた感情を掘り起こすことで、自分のコアな価値観や考えを知るために行うものです。

自己分析の必要性

自己分析とは、自分の過去を洗い出し、自分が大切にしている価値観や、興味関心を理解することだとご説明しました。では、なぜ自己分析が就職活動や転職活動に大切なのでしょうか?ここからは、その必要性をご紹介していきます。

自分に合った仕事を見極めるため

looking-for-a-job-68958_640

仕事というのは、人生の大きな部分を占める、社会に貢献し、その対価として報酬を得る活動です。社会に貢献と一言で言っても、貢献の仕方は非常に多様です。できるだけ多くの人に影響を与えるのか、それとも少なくても深く影響を与えるのか。どんな分野で、どんな人に貢献したいのか。また、働き方も、チームで何かを成し遂げるのか、個人で頑張りたいのか。報酬は多ければ多いほうが良いのか。

挙げだすとキリがありませんがが、仕事というのは、様々な要素によって構成されており、何一つ同じ組み合わせの仕事はありません。そんな、数えきれない仕事の中から一つの仕事を選ぶ上で、自分が譲れないものは何か、どんな価値を誰に提供したいのかなど、自分のことを深く理解していないと、一つに絞り込むことは出来ません。つまり、無数にある仕事の中から自分に合った一つを選ぶために、自己分析は必要なのです。

面接で自信を持って話せるようになるため

self-confidence-440227_640

自己分析をしっかりとしていると、面接で自信を持って話せるようになります。面接において、「私は◯◯がしたいです。」と言うと、面接官はたいてい、「なんで?」と聞いてきます。そして、またそれに対して返答をすると「なんで?」とどんどん掘り下げられます。そして行き着く先は、自分の奥底にある価値観です。つまり、自分のコアな価値観がわかっていないと、志望動機を語っても、土台の部分がグラグラとしてしまい、話していても「あれ?なんで私はこの仕事をしたいんだっけ?」と疑問が生まれてきてしまいます。

自分の大切にしている価値観を理解することで、面接官に対しても自分自身に対しても自信を持って話すことが出来るのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

自己分析は、目を向けたくなかった過去の自分を見つめたり、感情を深く掘り下げていくなど、しんどいと感じることも多い作業です。しかし、これをしたかどうかで、自分が本当にやりたい仕事を見つけられるかが変わってきます。人生の大部分を占める仕事、せっかくなら心の底からしたいことをを仕事にしたくありませんか?

「でも自己分析ってどうやるの?」という方は、こちらの記事を御覧ください。

皆さんの転職活動の成功を願っています。