「当社の印象を教えて下さい」という質問に対する回答ポイント


「当社の印象を教えて下さい」という質問に対する回答ポイント

SONY DSC

面接において「当社の印象を教えて下さい」と聞かれることがあります。この時に、本当にただあなたの感じた印象をつらつらと話していても、面接の合格からは遠のいてしまいます。この質問も、面接官の意図をしっかりと理解して、相手の知りたいことについて回答しましょう。

今回は、この質問をする面接官の意図と、回答のポイントをご紹介します。

質問の意図

この質問を通して、面接官はあなたが企業研究を通してどれほど自社のことを理解しているか、そこでどのような点に注目し、共感しているかを見ています。また、その共感しているポイントから、この人が入社した時に上手く働いていけるかという点を見極めようとしています。

回答ポイント

pay-100337_640

面接官の質問の意図がわかったところで、回答のポイントを3つご紹介します。

1.  自分の言葉で語る

企業研究を進めていくと、その企業に関する印象やイメージもインターネットで目にすることが多いかと思います。しかし、そこで目にした言葉で語っても、面接官としてはただのテンプレートを聞いているようにしか思えず、あなたがどう思っているかがわかりません。本当に目にした言葉の通りのイメージを抱いたのであれば良いですが、なるべく自分の言葉で語りましょう。

2.  共感したポイントを語る

その企業について抱いた印象の中で、自身が共感したポイントについて、理由も合わせて語りましょう。前述のとおり、面接官は、あなたがどこに共感したかを知ることで、あなたの価値観や、実際に働くことになった場合に上手くやっていけるかどうかという点も見極めようとしています。

自分が会社に入った際、その環境で上手くやっていけることを、自身の価値観と照らしあわせて話しましょう。例えば、志望している会社がチームで働くことを大切にしている印象を受けたなら、自分が学生時代や前職で、チームで働くことで力を発揮してきたことと合わせて伝えることで、面接官に、「この人はうちでもやっていけそうだな」と思わせることが出来ます。

3.  失礼なイメージは語らない

企業の情報収集をしていると、「この業績で大丈夫なのかな?」と思ったり「残業が多いのかな?」といった、少しネガティブなイメージを抱くことがあるかもしれません。ただ、このような事を面接の場で語るのはあまり良くありません。正直さを評価してくれる面接官もいるかもしれませんが、気分を害する面接官の方が多いはずです。

また、この質問の意図は、あくまでその人が自分の会社でやっていけるかを見るということです。意図をしっかりと理解できていれば、ネガティブなイメージを語ることがNGなのは自ずとわかると思います。

まとめ

簡単そうに見える質問でも、文面通りにただイメージを語るのと、自分の価値観と照らしあわせて共感ポイントを踏まえて話すのとでは面接官の評価に大きく差がつきます。質問の意図をしっかりと理解し、自信を持って回答できるように準備しておきましょう。いかがでしたでしょうか?

皆さんの就職活動の成功を願っています。