【人間関係に悩む人必見!】カーネギーの「人を動かす」より、人に好かれるための6つの原則


【人間関係に悩む人必見!】カーネギーの「人を動かす」より、人に好かれるための6つの原則

book-hitowougokasu

職場で多くの人が抱える、人間関係の悩み。会社で人間関係が上手くいかなかったり、後輩に慕ってもらえない時、「人に好かれるにはどうすれば良いだろう?」と考えたことのある人は多いのではないでしょうか?転職理由としてもよく挙げられるように、人間関係の悩みはビジネスマンにとって大きな問題であり、自身の仕事の存続にも関わってきます。

今回は、最も有名な自己啓発本の一つ、カーネギーの名著「人を動かす」から、人に好かれるための6原則をご紹介します。

1.  誠実な関心をよせる

ダウンロード

相手に誠実な関心をよせましょう。「誠実な」というのは、計算高く相手に近づくのではなく、純粋に相手を知りたいという気持ちで関心をよせるという意味です。

こちらが心からの関心を示せば、どんなに忙しい人でも注意を払ってくれるし、時間もさいてくれ、あなたに協力してくれるでしょう。

2.  笑顔を忘れない

3284520627_a2e5180e23_z

笑顔を忘れないようにしましょう。相手が笑顔でいると、それに釣られるようにこちらも笑顔になりますね。赤ちゃんの笑顔を見て心が穏やかにならない人はいないはずです。

日々の仕事の疲れで余裕を失っている皆さんは、一度鏡を見て下さい。そして、暗い表情をしていたら無理矢理にでも笑顔を作りましょう。無理やり笑顔を作っていれば、やがて気分も楽しくなり、また、笑顔でいる人の周りには笑顔の人が集まってきます。

3.  人の名前を覚える

head-580910_640

名前を間違えられてムカっとした経験がある人は多いのではないでしょうか?人の名前はその人にとって、特別なものです。必ず人の名前は覚えるようにしましょう。

名前を覚えることはコミュニケーションの基本です。自分が相手の名前を大切に扱っていることを理解してもらうためにも、話す時に相手の名前を意図的に呼ぶのも良いと思います。

4.  聞き手に回る

Vishnu_Vardhan_in_conversation_with_Iolanda_Pensa_regarding_Wikimedia_India,_GLAM_initiatives_at_WikiSym,_Hong_Kong

人は誰でも、他の人に何かしらを伝えたいものです。人間は聞き役を欲しがっている生き物なので、相手の聞き役に回ることで、相手の心を満たしてあげることが出来るでしょう。

そのためには、相手が話しやすい状態を作ることが大切です。相手が喜んで答えるような質問をしたり、相手自身のことや、得意なことを話させるような方向に話を持って行くとよいでしょう。

5.  関心のありかを見抜く

interest-rate-149879_640

カーネギーは、人とのコミュニケーションの中で、会話はとても重要なものであり、特に相手の関心を見抜き、それを話題にすることが双方の利益になると言います。

また、人は自分に関心を寄せてくれる人を信頼するものです。相手への関心を示すことで、信頼関係を築くことが出来ます。

6.  心からほめる

4825409297_874658cf80_b

人は誰でも褒められると嬉しいものです。なぜなら、褒められることで周囲に自分が認めてもらった気分になり、自分が重要な存在であると認識できるからです。

相手を心から賞賛し、相手に自分が重要であると感じてもらいましょう。そうることで、「この人は自分を認めてくれる」と思い、あなたのことを好きになってくれるはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

これらのことは、自分が人にされるととても嬉しいことばかりだったのではないでしょうか。逆に、それを人に与えてあげることで、あなたの周りに人が集まってきます。

人に好かれたいと思っている皆さん、今日からこの6原則を少しずつ意識して行動してみてはいかがでしょうか。

Top画像出典 http://takuhirokosa.com/carnegie/