【良い生活は良い睡眠から!】睡眠の質を高めるための5つの方法


【良い生活は良い睡眠から!】睡眠の質を高めるための5つの方法

Sleep_woman

「しっかり寝たはずなのに疲れが取れない。」 「明日大事な面接があるのに、なかなか寝付けない。」

このような悩みは、睡眠のための質が下がっていたり、寝付きを悪くする行動をとっていることによるものです。

今回は、寝付きを良くし、睡眠の質を高めるための方法を 5つご紹介します。

1.  適度な運動をする

ダウンロード (1)

適度な運動は、睡眠の質の向上に繋がります。人間は、深部体温(身体の内部の温度)が低いと深い眠りにつきやすいという性質を持ちます。

運動は一時的に深部体温を上昇させ、その後血行が良くなり血液が全身をめぐり、身体が冷やされるので、結果的に深部体温が低くなるので、深い眠りをもたらすのです。

仕事帰りにジムへ行ったり、帰ってからランニングをするなどして、深い眠りを手に入れましょう。

2.  寝る前にお風呂にゆっくり浸かる

800px-Bathroom_with_bathtube

入浴も、深部体温を下げるのに有効です。入浴することで血液循環が行われるので体全体がまず温まり、体温が上昇します。そして、入浴後は血管が開かれるため、熱が身体から放出されやすくなり、結果的に深部体温が下がります。深部体温が下がるので、睡眠の質はやはり向上します。

3.  寝る前に画面を見過ぎない

ダウンロード (1)

寝る前にPCやスマートフォンを見る人は多いかと思いますが、これは睡眠の質を下げる原因となります。これは、脳がPCやスマートフォンの強い光によって刺激され、興奮状態になってしまうためです。

室の高い睡眠に必要なのはリラックスした状態であり、興奮状態はよくありません。寝る前はPCやスマートフォンなど、強い光を出す電子機器は遠ざけておいた方が良いでしょう。

4.  部屋の灯りを暗めにしておく

images

これも脳への刺激を避ける方法の一つですが、睡眠の前は部屋の灯りを暗めにしておきましょう。暗い白熱灯や、間接照明などにすると良いです。

また、最近ではコンビニの光をたくさん浴びることも睡眠の質を低下させる原因になると言われています。強い光はなるべく避け、脳をリラックスした状態にしてあげましょう。

5.  寝る直前に飲食をしない

9998-a-beautiful-woman-eating-an-apple-pv

質の高い睡眠を取るためには、食事は就寝3時間前までに済ませておくのがベターです。なぜなら、寝る直前に食事をすると、消化のためにエネルギーが費やされてしまうためです。また、睡眠中は消化機能が低下するので、消化不良になってしまい、睡眠の質は下がってしまいます。

また、寝る前にお酒を飲むと、眠りにつきやすいという方もいるかもしれませんが、眠りが浅くなってしまうのでオススメしません。基本的に、就寝前の飲食はやめましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

最近寝ても疲れが取れないという方は、是非一度これらの方法を試してみてください。忙しく、中々良い睡眠を取れない皆さんが、質の高い睡眠を手に入れ、充実した生活を送れることを願っています。