【楽しく社会勉強しよう!】サラリーマンを題材にした人気漫画5選


【楽しく社会勉強しよう!】サラリーマンを題材にした人気漫画5選

Japanese_man_reading_manga

就職活動をしていく過程で、社会や仕事について学ぶ時に、真っ先に挙げられるものがビジネス書や新書などの書物だと思います。しかし、疲れているときなど、どうしてもページが進まず、断念してしまうことはありませんか?

そんな時にオススメしたいのが、サラリーマンを題材にした漫画です。「えっ?漫画でそんな社会勉強になるの?」と思う方もいるかもしれませんが、サラリーマンを題材にした漫画は、とても良い社会勉強になります。

今回は、楽しく社会や仕事について学べる、人気のサラリーマンを題材にした漫画を5つご紹介します。

島耕作シリーズ

515XD-dMJfL

出典 http://www.amazon.co.jp/

団塊の世代に属する大手電機メーカーに勤務するサラリーマン、島耕作が課長からどんどんステップアップし、出世していくストーリーです。島耕作が勤務する会社はパナソニックをモデルとしていると言われており、また時代ごとの日本経済の動向が反映されているので、経済の動向や、それに対して企業がどのようなことを考え、手を打ってきたかの勉強になります。

サラリーマン金太郎

5115KJ6X2PL

出典 http://www.amazon.co.jp/

暴走族のリーダーだった主人公、矢島金太郎があることをきっかけに建設会社で働くサラリーマンになり、様々な苦難を乗り越えて成長していく様を描いています。サラリーマンとしての枠にはまらない金太郎の大胆な行動には目を見張るものがあり、読んでいてアツい気持ちになる人も多いでしょう。

特命係長・只野仁

K0001852

出典 http://www.amazon.co.jp/

表向きは冴えない窓際サラリーマンですが、会長の特命を受け、社内外のトラブルを解決するという裏の顔を持つ、係長・只野仁を描いた作品。深夜に放送されたドラマでも有名ですね。

働きマン

518DC679ZBL

出典 http://www.amazon.co.jp/

習慣『JIDAI』の編集部の女性編集者である、松方弘子が主人公。「働きマン」状態になると恋愛も寝食も忘れて働く彼女が、様々な人とぶつかり合い、葛藤し、日夜奮闘する姿を通して、「働くとは何か」というテーマを描いた作品です。

釣りバカ日誌

T_CO_turibakani_001_0001-0_2L

出典 http://www.amazon.co.jp/

上司に教わった釣りにすっかりハマってしまった、自他共に認める「釣りバカ」である、万年ヒラ社員のハマちゃんこと浜崎伝助と、ひょんなことから知り合い、釣りに誘ったスーさんこと鈴木一之助(ハマちゃんの勤める会社の社長)との奇妙な友情を中心に、ハマちゃんの釣りバカぶりがもたらす珍騒動を描く作品。映画化、アニメ化もされている人気シリーズです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介した漫画は、勉強にもなる上、内容が面白く、どんどん読み進められるものばかりです。普段ビジネス書や新書ばかり読んでいる皆さんも、息抜きがてら手にとってみてはいかがでしょうか?