【意外とチェックされている!】面接を受ける時の訪問時間のマナー


【意外とチェックされている!】面接を受ける時の訪問時間のマナー

Peter_W._Rodino_Federal_Office_Building_at_night

面接を受ける際、多くの人が迷ってしまうのが、「何分前に会社に着けば良いのか」という点です。面接においては様々なマナーがありますが、到着時刻もマナーの一つと言えるので、あまりに非常識な時間の到着すると、評価も下がってしまいます。

今回は、面接を受ける時の、訪問時間のマナーをお伝えします。

遅刻は絶対にNG

1954828422_99a2dbfede_z

面接の際に最も注意すべきことは、遅刻をしないということです。大事な面接に遅刻をする時点で常識を疑われ、大きなマイナスとなってしまいますし、無断で遅刻をすると面接を受けさせてくれない企業もあります。

万が一、交通機関の乱れなどで遅刻してしまう場合は、遅刻がわかった時点で早急に企業に連絡をし、指示を仰ぎましょう。また、大きな乱れでなくとも、電車が数分遅れてしまうことは頻繁に起こるので、必ず最寄駅に余裕を持って着くように計画を立てましょう。

面接開始の5〜10分前に到着するのがベスト

Antique_Clock_Face

遅刻がNGだからと言って、企業に30分や1時間も早く着いてしまってはそれはそれで迷惑です。面接する部屋が空いていなかったり、担当者が別の仕事をしている場合もあるので、企業側としても対応に困ってしまいます。早く到着することはやる気のアピールにはならず、むしろ非常識だと思われてしまいます。

面接会場につくのは5〜10分前がベストです。あまりギリギリに駆け込み、面接を受けている時にハアハア言っているようですと、いくら時間に間に合ったとはいえ、あまり良い印象ではありません。5〜10分前に着き、余裕を持って面接に臨めるようにしましょう。

余裕があれば最寄駅には30分程度前に着いておく

Café_Mélange,_Wien

もし時間に余裕があるのでしたら、30分程度早めに企業の最寄駅に着いておくことをオススメします。そして、一度企業の場所を自分の目で確認し、カフェなどに入って面接で話すことの整理をしましょう。そうすることで余計な焦りもなく、自信を持って面接に向かうことが出来ます。

人生を大きく変えるかもしれない就職面接です。出来る事は全部行い、ベストな状態で臨めるよう心がけましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

面接当日に焦ると、たとえ時間通りに着いたとしてもあまり精神状態としては良くありません。しっかりと余裕を持って最寄駅に到着し、準備万端で会場に向かいましょう。

皆さんの就職活動の成功を願っています。