情報提供元DODA

企画・管理/経理・財務・管理会計・内部統制

税務 日本電産グループの中核子会社

日本電産コパル株式会社

東京都

400万~549万

正社員 株式公開

仕事内容

税務 ※日本電産グループの中核子会社
■職務内容:
税務担当者として、税務業務をメインでご担当頂く予定です。
・税務申告
・税務調査対応
※その他、決算対応など経理業務にも携わります。

■キャリアパス:
自身の能力や志向性に応じて、将来的には以下いずれかの方向性が検討されます。
(1)税務のエキスパートとして、同社における税務業務全般の対応を行っていく
(2)税務も含め、経理全般業務や海外関連業務の経験を積み、経理部門のリーダーを目指す

■組織構成:
配属先の経理部門は6名が所属しています。雰囲気は和気藹々としており、穏やかな雰囲気です。

■同社の強み:
・デジタルカメラ用、一眼レフカメラ用シャッタで世界シェアNo.1という高いシェアを誇っています。
・要素技術~加工技術まで一貫した生産体制を敷いていることが同社の高いシェアを支える要因となっています。

■同社の業績:
2005年3月期決算では、売上高~純利益まで全指標について前期を上回る結果となっています。内訳としては連結売上高690億4,200万円(前期比5.3%増)、連結営業利益64億800万円(前期比6.6%増)、連結経常利益では68億6,300万円(前期比10.2%増)、連結当期純利益49億7,500万円(前期比43.8%増)となっています。こうした業績好調の牽引役となったのが、創業以来の主力事業であるシャッタ分野であり、デジタルカメラ市場の飛躍的な拡大にともなって同社の売上も堅調に推移しました。更なる重要増に応える為、これまでのタイ工場に加え中国工場でもシャッタの生産を開始。加えてシャッタのみならずモジュール製品であるレンズユニットの自社開発と同製品のデジカメメーカーからの受注獲得など、積極的な活動を展開しています。

応募要項

職種 企画・管理
求めるスキル 【学歴】大学院、大学卒以上
【必要業務経験】
■必須条件:下記のいずれかの経験
・企業の経理部門での税務業務の経験
・税理士事務所、会計事務所での税務経験

■歓迎条件:
・英語力
※読み書きがある程度できて、苦手意識がなければ問題ありません。

【語学】
◆任意
・英語(初級レベル)
給与 【年収】
400万円~500万円
【月給】
333,333円~

※上記年収は想定額のため保証の限りではありません。
■賞与:年2回(6月、12月)
■昇給:年1回(3月)
賞与:
福利厚生 週休2日制
有給休暇16日~40日
休日日数118日

※土曜、日曜、祝日(会社歴カレンダー使用、年10回程度土曜出社あり)
年末年始休暇、GW、夏期休暇、慶弔休暇
通勤手当、家族手当、寮社宅、健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、厚生年金基金、退職金制度

■社員持株制度
■財形貯蓄制度
■ストックオプション制度
■各種レクリエーション施設提携
勤務地 本社
東京都板橋区志村2-18-10
【上記勤務地最寄り駅】
都営三田線/志村三丁目駅
情報提供元

DODA

http://doda.jp/DodaFront/View/JobSearchDetail.action?jid=3001444252&ndrs=a56e770ca1c2de

会社情報

日本電産コパル株式会社

事業内容 光学機器(カメラ用シャッター、レンズユニット、センサ他)や、電子部品(各種小型モータ、エンコーダ、バックライト他)、システム機器(昇華型プリンタ、画像処理機器他)、FA機器等の開発設計、製造、および販売。
1949年国内唯一のカメラ用シャッター専業メーカーとして誕生。設立から59年たった現在では、世界のトップクラスブランドとしての地位を確立しています。これと並行して事業の多角化を推進、大手メーカーへのOEM供給及び自社ブランドによる多彩なハイテク製品を開発し、光学、精密機械、電子工学を融合した“オプトエレクトロニクス総合メーカー”として歩み続けています。
所在地 東京都板橋区志村2-18-10
代表者 木村 年宏
設立 1949年5月
資本金 11,080百万円
従業員数/平均年齢 854名/41歳
iPhoneの方はこちらからダウンロードAndroidの方はこちらからダウンロード

×