情報提供元DODA

技術職(機械・電気)/CAE解析

車両の振動騒音性能開発

マツダ株式会社

広島県

400万~799万

正社員 株式公開

仕事内容

車両の振動騒音性能開発
量産化に成功したロータリエンジンに始まり、常に先進的・革新的なクルマ創りに取り組んできたマツダ。
走る歓びと環境・安全性能を両立させ、2012-2013 日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したクロスオーバーSUV「マツダ CX-5」や、マツダ独自のアイドリングストップ技術「i-stop」(アイ・ストップ)との組み合わせで更に燃費向上に貢献する、キャパシター採用では減速エネルギー回生システム「i-ELOOP」(アイ・イーループ)など、独自技術を用いた車両開発を進めています。
「Be a driver」に表現される、走る歓びを大切にしつつも、既存のプラットフォームの更なる改良後、それをベースとした次世代車の開発を加速させていくため、車両開発エンジニアを積極採用します。
NVH性能に関する実験・評価・研究・開発計画の立案・実施を行って頂きますが、車両の振動騒音性能について、実験研究・開発を創造的かつ効率的に行い、個別商品における性能、品質、コスト、日程、開発投資等の目標を達成するとともに個別技術開発がミッションとなります。具体的には、
(1)NVH性能に関する実験・評価・研究・開発計画の立案・実施
(2)計測解析技術、ユニット評価技術、開発支援技術に関する研究・開発計画の立案・実施
(3)市場における使用実態の分析及びテストコードの確立
(4)市場クレームの原因究明と個別対策及び再発防止策の提案・実施
(5)量産及び市場におけるアフターフォロー活動の支援
(6)車両開発全般に共通するCAE基盤技術の開発および支援システムの開発
などの業務を想定しております。

2013年3月期に31%のSKYACTIV搭載比率は、今後8車種投入していくことで4年後の2016年3月期には、搭載比率80%以上に拡大します。
SKYACTIVを軸としたハイブリッド車もアクセラを第一弾にいよいよ市場投入を始めましたが、PHV、HV、EVはマツダではゴールではなく1つの提案。
「退屈なクルマは作らない。」あくまで運転する楽しさ・クルマを操る楽しさを追求していく考えです。

応募要項

職種 技術職(機械・電気)
求めるスキル 【学歴】大学院、大学卒以上
【必要業務経験】
下記のご経験がある方
・機械工学や振動工学知識を有し、振動騒音開発経験がある方(完成車や部品メーカーでの経験がある方が望ましい)
・振動騒音の実車走行・定置テスト、CAE適用が出来る方
※加えてTOEIC(R)テスト500点以上の語学力をお持ちの方は歓迎します
給与 年俸300万円以上
【年収】
400万円~700万円
これまでの実務経験を考慮し提示致します。
(上記想定年収には残業代は含みません)
賞与:
福利厚生 有給休暇15日~20日
休日日数121日

週休2日制(年に数回の祝日、土曜出社有)、GW、夏季・年末年始等、年次有給休暇(半日有給制度有)、初年度有給休暇日数は入社時期により異なります
通勤手当、寮社宅、健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、退職金制度

財形貯蓄、カフェテリア式福利厚生制度 等
勤務地 本社
〒730-8670 広島県安芸郡府中町新地3-1
JR山陽本線 / 呉・向洋
情報提供元

DODA

http://doda.jp/DodaFront/View/JobSearchDetail.action?jid=3001418168&ndrs=a56e770ca1c2de

会社情報 東証一部

マツダ株式会社

事業内容 マツダは2007年3月に技術開発の長期ビジョン「サスティナブル“Zoom-Zoom”宣言」を策定し、「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」を同時に追求する長期ビジョンを打ち出しました。そのコミットメントとして、2015年にはグローバルで販売するマツダ車の平均燃費を2008年比30%改善させる具体的目標も掲げています。その長期ビジョンでは、「ビルディングブロック宣言」と銘打ち、まずは現行のプラットフォーム、内燃機関の改良をベースとし、改良されたそのベースに最もフィットするHV・HEVシステム開発を目標としています。
所在地 広島県安芸郡府中町新地3-1
代表者 小飼 雅道
設立 1920年1月
資本金 258,957百万円
従業員数/平均年齢 37,617名/39.7歳
iPhoneの方はこちらからダウンロードAndroidの方はこちらからダウンロード

×