ジョブクルサーチ

事務系総合職 ◎定着率90%以上/年間休日123日/土日祝日休み/残業は月15時間以下

一般財団法人工業所有権協力センター

エン転職 - 掲載期限:2021年06月30日

仕事内容

国内最大級の特許調査機関なら、腰を据えて働ける。

特許出願された発明技術について過去に同一又は類似の技術がないか調査する先行技術調査業務、先行技術調査を効率よく行うために特許出願された発明技術に対応した特許分類を付与する分類付与業務を主要事業とする国内最大級の規模を誇る特許調査機関です。

調査などを担当する技術者の数は、約1500名と圧倒的。売上高は180億円以上と、安定した業績を上げています。事務を担当する職員は約100名と少人数。定着率は90%以上です。

概ね2~3年ごとにジョブローテーションを行う特徴により、様々な業務を担当することで、企画・総務・財務・人事・業務サポートなどあらゆるスキルを身につけることが可能。また、上司や先輩職員との距離が近く、手厚い指導・教育体制が整っていることも、長く続ける職員が多い理由の一つです。

もちろん土日祝日休みは当然のことながら、法定の年次休暇に加えて財団独自の特別休暇(夏季休暇等)も完備、さらに残業月平均15時間など、ワークライフバランスの実現に適した環境が整っているため腰を据えて働ける職場です。

【仕事内容】
特許調査機関で働く技術者を支える事務業務をお任せします。2~3年ごとにジョブローテーションをするため、バックオフィスに関するあらゆるスキルが身につくことが特徴です。入団後は通常の業務と並行して研修を受講する機会があるため、半年ほどかけて財団の業務内容や特許に関する基礎知識を学べます。

<各部署の業務>
■企画室
財団内の施策や、新事業の企画立案・調査・運営を行う部署です。

■総務部
職員の人事労務管理、給与計算、セキュリティ管理、福利厚生、物品等の出納事務を行う部署です。

■財務部
財団の財政運営、予算執行管理、資金運用のほか、特許庁との契約関係の管理を行う部署です。

■事務システム部
事務職員の使用するテレワーク等のシステムやOA機器に関わる企画・運用を行う部署です。

■開発部
技術者の採用事務、入団後の研修の総合企画や運営を行う部署です。

■調整部
技術者の業務の企画・調整及び進捗管理や特許庁との連絡調整を行う部署です。

■情報システム部
財団の各種システムやOA機器等の企画・運営管理を行う部署です。

■業務部
財団の事業に必要な機密書類の調整・運搬・納品管理に関わる業務を行う部署です。

■支援部
技術者のもっとも近くで案件のセキュリティ管理や業務支援を行う部署です。

~仕事のポイント~
◎お互いに教え合う風土があります。
数年ごとにジョブローテーションを行っているため、「教える側」にも「教わる側」にもなったことがある先輩ばかり。教える風土が根付いており、フォローは手厚いです。

◎少数精鋭だからこそ、アイデア歓迎。
各部署につき事務は3~4名と少数精鋭のため、業務に関する意見を歓迎します。過去には入団1年目で会社案内用パンフレットの表紙についてアイデアを出したメンバーも。主体的に動くことが歓迎される組織です。

【募集背景】
特許庁が認可する登録調査機関として、先行技術調査や分類付与事業などを手掛ける財団法人。特許庁からの依頼を中心に、民間企業からの調査依頼なども受けています。分類付与は1985年より3000万件以上、先行技術調査は1989年より390万件以上手掛けており、実績は豊富。また約1500名という国内最大級の技術者数を誇っており、業績は安定しています。今後はより技術者へのサポート体制を充実させるべく、組織強化を図っていく計画。そのため事務職を増員することになりました。

【教育制度】
【入社後の流れ】
入団研修を2週間ほど実施。財団の業務や各種制度などを座学で学びます。特許関係の専門用語も丁寧に説明しますので、ご安心ください。またその後は配属部署で年次の近い先輩がトレーナーを務めるOJT研修にて3ヶ月間しっかりフォローします。一緒に仕事を進めながら、疑問点などを質問する形です。入社半年後には、先輩に聞かなくても業務ができるようになっていきます。

【独り立ち後の研修】
業務に必要なスキルが全額財団負担で学べる「業務研修」、語学など興味のある通信教育を一部財団負担で学べる「自己啓発研修」などがあります。異動を含めた希望調査を年1回行っているため、キャリアの希望を伝えることも可能です。

【働く仲間】
事務職員は約100名程度います。ほとんどが未経験で入団しており、転職者の中には特許以外の業界の経験者も多いです。平均年齢は35歳です。定着率は90%以上。ジョブローテーションがあるため、「財団全体の仕事が理解できる」「スキルが身につく」と長く働く職員が多くいます。

また、各部署につき3~4名と少数精鋭で運営するため、新人でも新規事業や財団の運営に関わるプロジェクトに携わるチャンスがあります。年1回、財団の業務効率化に貢献した部署やプロジェクトに対して表彰を行っており、たとえば財務部が主導した年末調整業務の効率化や、財団規程改正プロジェクトなどが受賞しています。

求めるスキル

■大卒以上■2022年4月1日時点で30歳以下の方/基本的なPCスキルがある方(Excel・Wordなど)

募集要項

勤務地

東京都江東区木場1-2-15 深川ギャザリア ウエスト3棟

◎転勤なし。じっくり腰を落ち着けて働けます。

職種

事務・アシスタント > 営業事務・一般事務 > 一般事務・アシスタント

給与

月給20万2000円以上
◎別途、賞与や扶養手当、住宅手当などがあります。
◎経験・能力などを考慮して、給与額を決定します。

雇用形態

正社員

この求人の特徴

第2新卒可 年間休日120日以上 転勤なし 完全週休2日制 社宅・家賃補助制度 育児支援制度あり 女性管理職登用実績あり 残業少なめ 未経験歓迎

福利厚生

■昇給 年1回(4月)
■賞与 年2回(6月・12月/2020年度実績4.46ヶ月分)
■各種社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)
■交通費支給(上限月5万円)
■時間外手当(100%支給)
■住宅手当(上限月2万7000円)
■扶養手当(配偶者:月1万5000円、子ども一人につき:月7500円)
■役職手当
■職務手当
■出張手当
■退職金制度
■オフィス内禁煙
■財形貯蓄制度
■研修制度
└業務研修、自己啓発研修(教育制度の欄参照)、役職ごとの階層別研修など

【休日休暇】
<年間休日123日>
■完全週休2日制(土・日)
■祝日(GW含む)
■財団創立記念日
■年末年始休日(12/29-1/3)
<休暇>
■年次休暇
■夏季休暇(6日)
■慶弔休暇
■介護休暇
■産前産後・育児休暇(取得・復職実績あり)

選考フロー

履歴書による書類選考

選考試験3回(試験1回+面接2回)

内定!
【選考について】
▼書類選考
ご応募いただいた内容をもとに、書類選考を実施します。通過された方には、第1次試験の受験票をお送りします。

▼第1次試験
日程:6月下旬から7月上旬頃 
種目:適性試験・総合試験(論述)

▼結果通知
第1次試験合格者にメールにて通知します。

▼第2次試験
日程:7月下旬頃
種目:人物試験(面接)

▼最終試験
日程:8月中旬頃
種目:人物試験(面接)

※合否決定は、8月下旬頃を予定しています。
※内定から入団までは約半年ほどの予定です。

掲載企業名:一般財団法人工業所有権協力センター

設立

1985年

従業員数

1564名

会社住所

東京都江東区木場1-2-15 深川ギャザリア ウエスト3棟

掲載元で見る・求人に応募する