エア・ウォーター防災株式会社

会社情報

エア・ウォーター防災株式会社

事業内容 医療装置、消火装置、呼吸器およびそのシステムならびに部品の設計、製造、販売、据付・施工、保守。
エア・ウォーター防災(旧川重防災工業)の創業は、大正13年(1924)に遡り、川崎造船所(現川崎重工業)がドイツ・ドレーガ社と、潜水艦の空気清浄装置や酸素呼吸器の製造について技術提携したことから、同社の事業は始まりました。昭和2年には国産初の酸素呼吸器の生産を開始、その後中核技術となる高圧ガス制御技術を活用し消火装置、医療装置の領域へも事業を拡大。昭和50年4月には川崎重工業株式会社から分離独立し川重防災工業株式会社を設立。
所在地 兵庫県神戸市西区高塚台3-2-16
代表者 青田 良一
設立 1975年4月
資本金 1,708百万円
従業員数/平均年齢 330名/40歳

4件中 1〜4件を表示

1
iPhoneの方はこちらからダウンロードAndroidの方はこちらからダウンロード

×