生晃栄養薬品株式会社

会社情報

生晃栄養薬品株式会社

事業内容 生晃栄養薬品株式会社の生い立ちは、1941年10月に、前会長の故 蔵野久一が「日本海水産化学」の名称で個人創業し、肝油の製造販売を始めたことにあります。

1947年に組織を一変し「生晃栄養薬品株式会社」として再出発いたしました。その後も絶えず生産技術の向上、新たな設備を導入し、ソフトカプセルの製造、大手・中堅製薬会社からの錠剤の糖衣加工の受託など、現在の会社の基礎を確立して参りました。以降、福井県若狭町に新工場を建設する等、最新設備の導入を進めるとともに、高度な製剤技術力とGMP対応により、内服固形製剤を中心とする医薬品の受託加工に注力してきました。
所在地 大阪府大阪市西淀川区姫里2-3-28
代表者 蔵野 雅庸
設立 1947年10月
資本金 69百万円
従業員数/平均年齢 271名/37歳

5件中 1〜5件を表示

1
iPhoneの方はこちらからダウンロードAndroidの方はこちらからダウンロード

×